テレビ番組で告白、GACKTの「死ぬほど愛した女性」は伊藤ゆみ? 破局の原因は3回目のケンカか【芸能界、別れた二人の真相】
拡大する(全1枚)
GACKT
 歌手のGACKTが20日、49歳の誕生日を迎える前日の7月3日に、「バースデー&復帰ダブルカウントダウン」と題して自身のYouTubeチャンネル『GACKTちゃんねる がくちゃん』で生配信をすることをファンクラブサイトで発表。GACKTは2021年9月、神経系疾患と重度の発声障害のため芸能活動を無期限休止することを公表しており、5月16日に年内の活動再開の意向を示していた。

 GACKTは2021年8月、キプロスから帰国後に体調不良を訴え、幼少期からの持病である神経系疾患がきっかけで一時は命に関わる状態となった。私生活は、謎に包まれているが20歳のときに10歳年上の女性と結婚していたことを2020年1月放送の『直撃!シンソウ坂上SP』(フジテレビ系)で告白し、大きな話題に。GACKTによれば、自身は結婚に意味を持っていなかったが、相手の求婚でやむなく入籍したという。だが、結婚生活は3カ月で終了したとしている。

 ​>>高岡蒼佑、鈴木亜美に求婚するも友人に戻った原因は性格?【芸能界、別れた二人の真相】<<​​​

 来月誕生日を迎え最後の40代となるが、結婚の気配はないようだ。しかし、かつては「死ぬほど愛した女性がいた」ことを、2019年2月に出演した『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の人気企画「本音でハシゴ酒」で打ち明けた。名前こそ伏せていたが、その相手は歌手・