バイきんぐ小峠と西村の運命は錦鯉よりドラマティックだった?
拡大する(全1枚)
バイきんぐ・小峠英二・西村瑞希
 押しも押されもせぬ人気芸人として安定しているバイきんぐ(小峠英二西村瑞樹)。1996年の活動から久しくうだつが上がらなかったが、「キングオブコント2012」の優勝で一気にブレイク。特に小峠の活躍はめざましく、「MC横芸人」という重要なポジションを獲得し、ドッキリ企画の常連になり始めると引く手あまた。昨年はテレビ番組の年間出演本数が440本でランキング4位になった(ニホンモニター調べ)。トップの設楽統(バナナマン)、2位の川島明(麒麟)、3位の博多大吉(博多華丸・大吉)は帯番組を持っているが、帯なしでは小峠がトップだった。

 バイきんぐは、所属するSMAで最初に売れたコンビ芸人。2人は、運命の赤い糸で結ばれていたといっても言い過ぎではない。

  ​>>バイきんぐ小峠、相方・西村とロケNGの理由はロンブーと同じ? 淳が共感したワケは<<​​​

 出会いは高校3年生のとき。学生時代の同級生でもなく、お笑い養成所でもなく、大分県の自動車教習所の合宿だった。福岡県出身の小峠は当時19歳で、パンクロックに夢中。奇抜なヘアスタイルをしていた。広島県出身の西村は、普通の18歳だった。ほぼ同時期に入学した2人は、およそ3週間の共同生活を送った。ところが、特に仲良くなることはなく、互いが顔を知る程度だった。

 卒業したおよそ8カ月後、小峠は大阪の吉本興業のタレント養成学校・NSCを受験した。同年の受験者は、およそ600人。笑いの本拠地大阪とあって、ケタ違いの多さだった。面接は2日に分けて行われ、さらに8人ずつに分けられた。驚くのは、その8人の中に西村がいたのだ。しかも、西村は本来、その1つ前のグループだったが遅刻して、後ろにズレた。そこに“