『バス対決旅』EXILE松本に「常識が無さすぎる」と批判 機転を利かせた“フィジカル戦法”が物議
拡大する(全1枚)
松本利夫
 8月3日に放送された、テレビ東京系の番組『水バラ ローカル路線バス乗り継ぎ対決旅』での「非常識すぎる」シーンが、物議を醸している。

 この日の『バス旅』は「路線バスで鬼ごっこ7 夏休み!北陸SP」と題し、北陸を舞台に、太川陽介チームとEXILEの松本利夫チームが、「鬼ごっこ」を繰り返しながらゴールをめざす企画が放送された。

 物議を醸したのは、4つ目のチェックポイントである、石川県羽咋市のユーフォリア千里浜をめざす道中のことであった。

 ​>>テレ東『乗り継ぎ対決』、クロちゃん完全無視で「可哀そう」の声 “鬼軍曹”村井美樹に涙の訴え<<​​​

 「鬼」役の太川チームと同じバスに乗る事は絶対に避けたい「逃げ子」役の松本チームは、バス停近くのガソリンスタンドへ駆け込んだ。長年の経験から勝利を導く太川と違い、機転を利かせて勝利をめざす「フィジカル戦法」を得意とする松本は、働いているガソリンスタンドの店員に「こんにちは~」と気さくに近寄ると、あるお願いをしたのだ。

 それは「数分後にバス停にやって来るバスの中に、太川チームがいるかどうか(店員さんが)確認して欲しい」というものであった。また、松本は太川チームに見つかる危険性を考えバス停から離れる事にし、「誰かそこに1人立っていただいてもいいですか?」と店員へガソリンスタンドの外へ立つよう指示。さらに、「もし太川さんが(バスの中に)いなかったら僕らを呼んで欲しい」とお願いしたのだ。