ダンス&ボーカルグループ・SPEEDの島袋寛子今井絵理子上原多香子の3人が2日、沖縄県宜野湾市で開催されたライブ『沖縄アクターズスクール大復活祭~本土復帰50周年記念~』で6年4カ月ぶりに再集結した。メンバー・新垣仁絵の欠席で全員集合とはならなかったが、島袋は「気持ちは4人一緒」と声を弾ませ、1996年8月リリースのデビュー曲「Body&Soul」を披露。
ブランクを感じさせない息ピッタリのパフォーマンスで会場の3500人を熱狂させた。

 SPEEDはデビュー当時、平均年齢は13歳で当時のメンバー全員が小・中学生でありながらもハイレベルな歌唱力とダンスパフォーマンスで世間の度肝を抜いた。デビューからわずか3年弱の期間でミリオンセラーを続出するも、人気絶頂の2000年3月をもって一旦解散した。

 ​>>「片想いしていた」菜々緒、西川貴教との破局の陰に大物芸能人の影? 元妻は激高か【芸能界、別れた二人の真相】<<​​​

 解散の理由は諸説流れたが、2019年2月放送の『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演した島袋が、SPEEDの解散した真相について「きっかけは多分、私」と告白。1999年10月、解散発表の翌日に『FOCUS』(新潮社、2001年休刊)は「SPEED解散へ!『男と暮らす』島袋15歳の選択」と題し、当時15歳の島袋と元ジャニーズJr.との3年間にわたる交際の全貌などを報じていた。

 そんな島袋が21歳を迎えた2005年4月、『FRIDAY』(講談社)にお笑いコンビダウンタウン松本人志(当時41歳)との熱愛を報じられ、大きな注目を集めた。
同誌は、ツーショットでハンバーガー店に入るところを激写。2人の年齢差は20歳だった。

 「2人の出会いは、ダウンタウンがMCを務めた音楽番組『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP)での共演ではないかといわれています。報道時、結婚を視野に入れているともささやかれましたが、2人は2年ほどで関係を解消したと、2020年8月にニュースサイト『WEZZY』が報じています」(芸能ライター)

 2016年9月、ニュースサイト『Business Journal』によれば、2人の破局理由は「松本が島袋の束縛や嫉妬に耐えかねて」だという。また、「島袋をよく知る音楽業界関係者」が、島袋は恋愛すると深みにはまるタイプで周囲が見えなくなるとも証言している。

 破局後の2009年5月、松本は19歳下の元お天気キャスター女性との結婚と夫人の妊娠を発表。
同年10月、長女が誕生し、今では子煩悩な一児の父となった。一方の島袋は2017年2月に12歳年下の俳優・早乙女友貴と結婚。松本同様、大きく離れた年の差が話題となり、それぞれは別の人生を歩んだ。

 そんな中の2020年8月、松本がMCを務める『ワイドナショー』(フジテレビ系)で2人の“熱愛”が蒸し返されたのだ。きっかけはタレント・指原莉乃の発言である。

 番組で指原は、「ある芸能人の宛名とサインの入ったCDがオークションに出ていた」というエピソードトークを披露。
この芸能人について、指原は名前を伏せて話を進めていたのだが、社会学者・古市憲寿から「誰のですか?」という質問が飛んだ。これに指原は、スタッフの方をうかがいながら「いいですか?」と確認した後、松本を見てサイン入りCDを転売されたアーティストの名を「SPEEDの……。SPEEDの方です」と明かしたのだ。

 指原の「SPEED」発言にスタジオには不穏な空気が流れるも、松本は苦笑いしながら「あのさ、SPEEDの方でもいいんだけど、その前に俺を見るのやめて。お前、それアカンで。それが一番アカンで!内容どうでもええわ」と慌てふためいた。


 翌9月、島袋は自身のインスタグラムを更新。早乙女のソロショットを投稿した島袋は、「この早乙女さんが好きでしかたない」と夫への愛を見せつけ大きな反響を集めた。一途な性格はどうやら相変わらずのようだ。