「ハッシー」の愛称で知られ、ネット上でも人気を博していた元棋士の橋本崇載が、将棋ユーチューバー「shodan」に脅迫めいたツイートを送ったとして、ネット上で物議を醸している。

 現役時代、派手なファッションや言動が注目を集めていた橋本だが、2021年4月に突然棋士を引退。
引退後、ユーチューブチャンネルを開設し、引退の理由は妻による子どもの連れ去りだと主張していた。

 ​>>ひろゆき、SNSでケンカ売られジャーナリスト論破?「323台を無償で提供しました」寄付報告が話題<<​​​

 そんな橋本だが、今月17日頃からツイッターで、自身に棋士としての復活を望んでいる将棋ファンに対し暴言を連発。「ケガして泣く泣く引退したスポーツ選手にんなこと言うか?」といった反論がエスカレートし、次第に「今のカス棋士達には呆れかえるばかりです」と現役棋士への悪口にまで発展していた。

 こうした橋本のツイートに対し、shodanが18日にツイッターで「あの暴言、元プロ棋士が聞いて呆れる。良い歳してメンタルもコントロール出来ないのか」と苦言を呈すと、橋本が引用リツイートで反応。「何求めてんねん カスやん」とこき下ろし、「僕もずっと気分悪いんで コイツだけ警察突き出して終わりにしますね」と綴った。


 その後も橋本はshodanに対し、「侮辱罪で警察に貴殿を突き出す」「世の中の怖さを教えてやるかな お前はまだ若造の世間知らずなんだよ」「警察ってのはね ルート使えばお前の逮捕なんて楽勝なんだよ 来週頭くらい暇だから動くかな」などとツイート。さらに、「先程警察署行って 被害届受理してもらいました」「刑務所入ってもらうのがいいのかな 彼の人生のためにも 」と警察に被害届を受理してもらったと明かした。

 一方、shodanはツイッターで「これは明確な脅迫文と捉えさせていただきますので、通報させていただきます」と報告。その後、弁護士に相談し、「相手方の被害届を警察が取り合う事も100%あり得ないので安心してください」と回答を得たことを明かした。

 これを受け、橋本は20日にツイッターで「警察行く暇も粘着する暇もねーよ」「こんなんでどっちもナニ罪にもなるわけねーだろ」と被害届を提出したことは虚言だったことを示唆。さらに、「全部芝居 あのクソボケ野郎に恐怖心を与えただけ」「全部橋本劇場でした」と綴っていた。


 この橋本の暴走っぷりに、ネット上からは「いろいろひどすぎる…」「橋本のメンタルも心配になる」「あんなに将棋界に貢献してた方が今はこんな様子なのを知って残念」「橋本の言い方が怖すぎる」といったドン引きの声が集まっていた。

記事内の引用について
橋本崇載公式ツイッターより https://twitter.com/motopurokishi
shodan公式ツイッターより https://twitter.com/shodan717