10月いっぱいで、ジャニーズ事務所の副社長とジャニーズJr.育成傘下会社のジャニーズアイランド社長を退任したタッキーこと滝沢秀明さん。早々に開設したツイッターは多くのマスコミが取り上げたことも相まって、またたく間にフォロワーが240万人を突破。
遅れて始めたインスタグラムも100万人を超えるフォロワーを抱え、SNSで「冒険家」タッキー人気が高まった。

 滝沢といえば、今井翼とのデュオ・タッキー&翼(タキつば)時代から、SNSを駆使したデジタル映像・拡散をひと足早く導入。自宅マンションに編集機材をそろえており、本物のスタジオさながら。タキつばのコンサートで流すVTRやミュージックビデオ、後輩のNEWS、Snow Manの映像も制作していた。

 10代のころから兄貴肌でリーダー気質だったため、一人暮らしを始めたばかりの相葉雅紀をおよそ1年間、居候させたこともある。近所の商店街にある焼肉屋に、しょっちゅう連れていった。


 ​>>「最悪だ」嵐・相葉も困惑、『VS魂』のゲームが物議「ウソついてんじゃねぇよ」指摘の声も<<​​​

 自身の映像編集の腕を上げるため、相葉を主役にスティーヴン・スピルバーグ監督の映画『プライベート・ライアン』をベースにしたプライベートムービーを撮ったこともある。滝沢ひとりが演出・監督・脚本を担い、VHSのビデオテープのフィルムに収めたという。

 故・ジャニー喜多川社長のDNAが流れているため、「小さいジャニーさん」と呼ばれていた。そんな滝沢のDNAが流れている相葉は嵐でデビュー後、クリエイターとしての才覚を発揮した。15年のドームツアー「ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism」で発売するカレンダーのスチールカメラマンになったのだ。

 コンセプトは、ツアータイトル、最新アルバムの「Japonism」から“日本”。
メンバー5人が日本をタイムスリップすることをベースに、江戸時代の侍、昭和初期など12カ月の物語を描いた。

 撮影のために、多忙なメンバーのスケジュールを丸1日押さえた。相葉自身も多忙だったが、代役スタッフ5人を連れて事前にロケハンするほど気合を入れた。カメラ位置やポージングをおおむね確定させて、代役で12カ月分を撮りきった。

 「ロケハンでは全工程を5、6時間で終えられましたが、撮影本番はまさかの雨。相葉さんは監督さながらに『ごめんね。
でも、雨は撮影には映らないから頑張ろう』と声がけして、メンバーのテンションを下げまいと努めたそうです」(アイドル雑誌の古参ライター)

 撮影は予定通り1日で終えた。完成作は軒並み好評。だが、文字通りの強行スケジュールだったため、“次作”の実現に至っていない。

 この15年には、東日本大震災復興支援コンサート「ARASHI BLAST in Miyagi」でグッズ監修も担当した相葉。滝沢と同じく、裏方としての才能もあったりして。

(伊藤由華)