7日に放送された『大奥』(NHK)や、現在TVerで再放送されている『エースをねらえ!』(テレビ朝日系)に出演中の吉沢悠。最近の露出を受け、Twitterでは「久しぶりに見た」「懐かしい」という声のほか、「突然消えてまじで心配したのよ」という声や、吉沢主演で2003年に放送されたドラマ『動物のお医者さん』(テレビ朝日系)を挙げ、「動物のお医者さんのハムテル役で記憶止まってた」とつづる人もいた。
一時期ほどテレビで見かけなくなった吉沢、現在はどのような活動をしているのだろうか。

 「現在も俳優として映画やドラマに定期的に出演しています。ここ数年、ドラマは1話分のゲスト出演などが多いですが3月からNHKで始まるドラマにはレギュラーで出演予定。今後も俳優としての仕事は継続していくことでしょう」(芸能記者)

 ​>>『金田一少年』初代ヒロインともさかりえ、当時は堂本剛ファンから攻撃された? 2度の離婚を経た現在は<<​​​

 そんな吉沢、90年代後半から2000年代前半にかけてはドラマに引っ張りだこで人気も高かったがいきなり消えてしまった。

 「全盛期とも呼ばれる2005年に、所属していたワタナベエンターテインメントを退所。その後からテレビから消えたという印象が世間では強いと思います。
実際、退所後は芸能活動を休止しているので、テレビに出る機会はほぼなくなりましたね。ただ、活動休止は本人の意思で、事務所とのトラブルがあったわけではありません。実際、活動休止後は日本を離れ、ニューヨークに語学留学していますよ。デビューしてからというものハードに仕事をこなしてきていたので、一度、気持ちをリセットしたいと思ったようです。しかしニューヨークでミュージカルを見たことで、演じる側に戻りたいという強い思いを持ち、半年で帰国しています」(前出・同)

 帰国後は別の事務所に所属した。
 「前事務所を退所してから1年たたないうちにテンカラットに移籍し、芸能活動を再開しました。
そこで芸名を吉沢悠(ゆう)から吉沢悠(ひさし)に変更しています。前事務所をやめてからというもの、酒を飲み歩く生活を続けていたそうでニューヨーク留学が自分を見つめ直す良い機会になったみたいです。新しい事務所に移籍してからは主演とは言わないまでも、継続してドラマや舞台に出続け、さまざまな役をこなしています。若い頃は役にのめり込みすぎて鬱っぽくなったり、主演することでパニック気味になることもあったそうですが、今は怖くとも一歩踏み込めば手の届くところにあるものには挑戦していきたい、という思いがあるそうです」(前出・同)

 自身のInstagramでは「大きな変化が出来そう」と今年の抱負を語っていた吉沢。俳優としてこれからも良い驚きを見ている人に与えていくことだろう。

記事内の引用について
吉沢悠の公式Instagramより
https://www.instagram.com/hisashi_yoshizawa/