大谷翔平選手の「侍ジャパン合流」の日程が判明した。

 2月19日、宮崎・サンマリン球場。
侍ジャパンはタイブレークを想定した実戦的練習を行った。今回のワールド・ベースボール・クラシック(以下=WBC)では、延長戦に突入した場合、「無死二塁」の状況から“試合再開”となる。

 「打撃」のイニングを想定し、ベンチから進塁打やエンドランなどのサインも出されていた。栗山英樹監督はその様子を少し離れたところで見ていたが、「みんなすごい必死で(三塁コーチャーの白井一幸コーチのサインを)見ていた。意図としてはすごく良かったと思う」

 と、練習終了後の囲み会見で話していた。

 >>大谷翔平、開幕前に同僚を一喝?「優勝できるわけない」 球界OBも驚愕、栗山監督が明かした日本ハム時代の裏話が話題<<

 「理想はタイブレーク(延長戦)に持ち込まないで勝つこと。
代表チームに集ったメンバーは全員、所属球団の看板選手です。シーズン中、バントのサインなんて滅多に出ないはず」(プロ野球解説者)

 栗山監督は投手力で逃げ切るゲーム展開をイメージしているそうだが、そのためには先制点を挙げ、先発投手がしっかりと投げて試合主導権を握らなければならない。

 得点力、投手力の両方をパワーアップできる選手――。二刀流・大谷の帰国にようやく目処がついたのだ。

 現在、大谷はエンゼルスのスプリングキャンプで調整を続けている。
 「2月3日、エンゼルスのフィル・ネビン監督が、『(日本)代表に合流する前に先発するだろう』とコメントしていました。
エンゼルスは25日にオープン戦初戦を予定しています。ということは、2月中の帰国はありません」(米国人ライター)

 侍ジャパンを裏方から支えるNPBスタッフは、エンゼルスに直接連絡をし、チーム合流の時期を確認してきた。そのNPB側が入手した情報によれば、「大谷のスケジュール」は3月1日まで埋まっていた。
 「大谷がオープン戦に出場するのは、26日のホワイトソックス戦でした」(関係者)

 NPB側が入手した情報によれば、初日25日のオープン戦には同行しない。打撃投手として練習し、翌26日のホワイトソックス戦、27日のSFジャイアンツ戦に「打者」として出場させ、28日は休養日とする。3月1日のブルワーズ戦に先発登板し、日本行きの飛行機に搭乗するのはその後になるという。


 「1日の飛行機のチケットが取れたのかどうかは聞かされていません。取れていれば3月3日の合流、遅くとも4日のバンテリンドームでの壮行試合(名古屋)での現地合流に…」(前出・同)

 3月6、7日(京セラドーム大阪)の強化試合に出場することは可能だが、栗山監督は「無理をさせたくない」の一心で見送るだろう。

 「9日(東京ドーム)の中国戦からWBC本番がスタートします。『ぶっつけ本番』かも。大谷自身が出たいと言っているので、短いイニングになるかもしれませんが、投手出場もあり得ます」(前出・同)

 今大会は“大谷ルール”が適用される。「先発兼DH」で出場し、投手降板後もDHとして試合に出続けることもできる。
栗山監督との話し合い次第だが、二次ラウンドに向けた調整を兼ねて、大谷が「先発兼DH」でWBC開幕投手となる可能性も出てきた。(日付は現地時間/スポーツライター・飯山満)