3日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)で、長嶋一茂が欠席したのだが、代わりに登場したコメンテーターの発言が物議を醸している。

 それが、国際ジャーナリスト・小西克哉氏。
かつては『CNNデイウォッチ』(同系)や『荒川強啓 デイ・キャッチ!』(TBSラジオ)などでもおなじみだった論客だ。番組冒頭、司会の羽鳥慎一アナウンサーから紹介された同氏は「今日は緊張してます。宜しくお願いします」と挨拶した。

 ​>>一茂、防衛費増額巡りミサイルと大谷翔平を比較し物議「無意味に野球に例えるな」呆れ声も<<​​​

 この日、取り上げられたのが、来週開幕する野球の世界一決定戦「WBC」(ワールド・ベースボール・クラシック)。日本中が待ち望む中、ついに大谷翔平が帰って来た。だがここで、韓国代表のコ・ウソク投手が、彼がバッターボックスに立ったら、「投げる場所がなければ痛くないようにぶつけようかな。
一塁に送り出して次の打者と勝負します」と大谷への故意死球を匂わす発言。韓国国内でも、批判の声が相次いでいる。
 
 同投手は一昨年の「東京オリンピック」準決勝で、山田哲人選手に決勝打を浴びて負け投手となっている。炎上後、コ投手は自分の立場を考えずに軽率な発言だったと釈明。大谷へのリスペクトを示した。

 このニュースに対するコメントを求められた小西氏は、「野球はあまり詳しくない」としつつ、「(コ投手は)東京オリンピックで大失態でやってしまったので、本人もかなり意識している」と言及。


 さらに、「これは僕は思うのは、ある意味で、プロレスで言えばマイクパフォーマンスというのがあるじゃないですか。猪木さん(故・アントニオ猪木氏)なんかが得意だったけど、北斗さん(北斗晶)とかやってますけど、つまりスポーツにもそういったものがある」と持論。

 続けて、同氏は「国際試合はある程度メディアを騒がす」「ある意味、それも込み込みで国際試合の雰囲気を作っていく」と話していた。これに対して、ネットからは「プロレスと一緒にするな」「無理くりな擁護」「必死にかばってるな」「話すり替えるな」「マジあり得ない」「マイクパフォーマンスなら何を言ってもいいの?」と呆れ声と猛抗議が続いている。