統一地方選で大躍進となった日本維新の会に戦々恐々の自民党や野党第一党の立憲民主党だが、別の意味で光明となっているのが、維新議員がしでかす「トンデモ発言」だ。

その一人が梅村みずほ参議院議員だ。
2019年に初当選。その後政治資金問題や公設秘書が殺人未遂で逮捕されるなど、たびたび騒動を起こしている。

いまは、入管施設で亡くなったスリランカ人のウィシュマ・サンダマリさんをめぐって梅村みずほ参院議員が「ハンガーストライキによる体調不良によって亡くなったのかもしれない」と主張し、物議をかもしている。

梅村議員はその後も国会で「良かれと思った支援者の一言が、皮肉にもウィシュマさんに【病気になれば仮釈放してもらえると淡い期待を抱かせ】、医師から詐病の可能性を指摘される状況へつながったおそれも否定できません」と憶測を発言。

これは ウィシュマさんが2020年8月に収容され、21年1月から体調が悪化。2月に尿検査で「飢餓状態」を示す異常値が出たが、点滴などの治療を受けられないまま3月6日に死亡したことを「ハンガーストライキ」としているのであろう。


この発言に対し遺族の弁護団は「ウィシュマさんが仮釈放への淡い期待を抱いたのは事実か?」と質問状を出した。

梅村議員はこの質問に対し「事実はありません、しかし可能性は否定できません」と答えている。

法務省は梅村議員の主張に対して「ハンストとは把握していない」「病気になれば仮釈放してもらえると淡い期待を抱いたという認定はしていない」と、否定している。

さらに梅村議員は18日の参院法務委員会でも、途中までは笑顔で「家族の気持ちはわかる」といい、途中から泣き出し、「憶測でしゃべったんでしょう」というヤジが飛ぶと突然「憶測ではありません! デマでもありません!」と急に怒鳴り声をあげた。

しかしその前に「事実はありません」と答えており、事実がないなら普通それを憶測と言う。

これら梅村議員の発言に対し、日本維新の会の藤田幹事長は「自分の思い込みや想像の範囲で、かなり感情的な質疑を取り上げるということについては、極めて不適切」と、参院法務委員から更迭した。


ただ梅村議員には熱狂的なファンがいて、梅村議員の言説を支持する人も多く、彼女の言説をおかしいと思う人はその人たちにとってパヨクらしい。

ほかにも19年に日露友好のために国後島を訪れた丸山穂高氏は「北方領土は戦争をしないと取り返せない」と発言し、日本維新の会を除名された。

いまも大阪維新の会の笹川府議団長が、15年に元モデルの美人市議にパワハラやストーカー行為の疑いがあったことが週刊文春に報じられ、当事者も半ばそれを認めている。

広島サミット終了後、岸田内閣は解散総選挙が噂されているいま、せっかく躍進した維新を所属議員の騒動が足を引っ張ることになるかもしれない。

プロフィール

巨椋修(おぐらおさむ)
作家、漫画家。22歳で漫画家デビュー、35歳で作家デビュー、42歳で映画監督。
社会問題、歴史、宗教、政治、経済についての執筆が多い。
2004年、富山大学講師。 2008~2009年、JR東海新幹線女性運転士・車掌の護身術講師。陽明門護身拳法5段。