兵庫県尼崎市の民家に侵入し、ベッドで寝ていたとして、千葉県在住の38歳無職の男が逮捕された。

 警察によると男は24日午前2時頃、尼崎市の2階建て民家に靴を履いたまま侵入。
2階に置いてあったベッドで寝た。この家に1人で住んでいた73歳の男性は23日の夜、家に施錠せず外出しており、翌朝帰ってみるとベッドに見知らぬ男が靴を履いたまま寝ていた。

 男性は即座に110番通報し、駆けつけた警察官が男を住居侵入の疑いで現行犯逮捕した。警察の取り調べに対し、男は「酒に酔っていて覚えていない」と話し、容疑を否認している。また、被害男性と容疑者の男に面識はなかったという。現状、男が誤って家に侵入した可能性が高いが、被害者にとってはかなり迷惑な話であり、恐怖を感じる出来事だったであろう。


 ​>>41歳男、スーツ姿で女性向けマンションの壁をよじ登って侵入し逮捕<<​​​

 この事件に、ネットユーザーからは「『水曜日のダウンタウン』で似たような事案があった。リアルにこんな事件が起こるとは驚きだ」「見知らぬ人間が自分の家で寝ているなんて怖すぎるでしょ。ただの間違いでは済まされないよ」「千葉から尼崎に来て酒を飲んで他人の家に侵入というのは信じられない。しかも無職だし。いったい何をやっている人物なのだろうか」「生活保護を受けていたようにも思えない。どういう人間なんだ」と驚きの声が相次ぐ。


 また、「この時代に鍵をかけないで外出していることに驚く」「尼崎は治安があまり良くないイメージがあるけれど、当事者たちはそこまで危険を感じていないのかも」などの感想も出ていた。
何かと物騒な世の中。家の施錠は厳重に行いたいものだ。