身長168cm、B87・W60・H86の9等身の黄金比スタイルの持ち主であり、ミラクル神ボディと称される松嶋えいみが、28作目となるDVD『色情ヘブン』(エアコントロール)をリリース。その発売記念イベントを18日、都内で開催した。


 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 1月に沖縄で撮影された今作。作品の内容は「配信している女の子を演じています。配信している場所に、ファンの方が来ちゃうんですよ。突然来てびっくりしましたけど、そのファンの方と仲良くなっていきます」と説明。配信という今どきの設定に挑戦した松嶋だが、「You Tubeとか配信ってやったことがないんですよ。だから撮り方とかもわからなくて、試行錯誤して迷いながら撮影をしました」と明かした。
撮影では自撮りにも挑戦したそうで、「新しい感じがしましたね。スマホで自撮りをしながら、画角とかどれぐらいでいいのか自分で見ながらやったりしました」と振り返った。

 その中でも、一番のお勧めのシーンは「ベージュのワンピース水着は、スタイルが目立つので、これを着こなすために、トレーニングを頑張りました。かなりスケスケになっている水着です」と紹介。氷を使ったシーンも注目のシーンのようで、「今までも氷のプレイは何回もやっているんですけど、慣れないですね。体をクネクネしちゃったりしちゃうんですよ。
本当に素の感じが出ちゃうんですよ。そういう素が出せるから逆にいいかもしれませんね」と語った。タイトルが『色情ヘブン』というインパクトのあるタイトルだが、そのタイトルにちなんだシーンはあるのか聞いてみると、「ホテルのシーンですね。相手の人が泊っているホテルに私が行って、そこで赤い下着を着て、『一緒に寝よう』って誘っています。そこでアメを舐めながらチューをしたりしました」と紹介した。Tシャツを着たままのシャワーシーンが評判だそうで、「衣装を着ながら大丈夫かなとか思いながらやっていたんですよ。
Tシャツの中を透けさせて、胸の形がわかるように、シャワーをかけながら意識しました」と語った。

 今作ではミラクル神ボディはもちろんだが、ささやく声も見どころのようで、「自分ではわからないんですが、言われますね。イベントに初めて来た人とかにも『そういう声だったんだ』とか、しゃべり方も『ギャップあるね』とかって言われること多いです」と明かした。これまでの作品でも、セクシーで大人の色気を出している作品が多かったが、「30歳も超えて、おねえさんなので、色気をもっと出していこうと思いました」と意気込んだ。

(取材・文:ブレーメン大島)