野球解説者・江本孟紀氏(元阪神他)が、22日放送の『ショウアップナイタープレイボール』(ニッポン放送)に生出演。阪神のプロ5年目・23歳の湯浅京己にまつわる発言が物議を醸している。


 番組で江本氏は5月31日~6月21日にかけ行われた交流戦について、複数球団・選手の名を挙げながら振り返った。その中で、湯浅が6月3日・ロッテ戦中に道具を粗末に扱ったことを問題視した。

 同戦の湯浅は「5-2」と阪神3点リードの9回表に4番手として登板したが、先頭・山口航輝の遊エラーから無死一、二塁のピンチを招くと、1死後から岡大海(タイムリー二塁打)、藤岡裕大(2点タイムリー安打)に連打を食らい同点に追いつかれる。この後は失点せず9回表を終えたが、湯浅は守護神として役割を果たせなかった悔しさもあり、自軍ベンチに戻る途中に帽子を右手で思い切り地面にたたきつけた。

 >>阪神・岡田監督、DeNA戦前のネガティブ発言に「失礼極まりない」と批判 前回好投のビーズリーを捨て駒扱い?<<

 ファンの間でも大きな話題となったこのシーンだが、江本氏は「私にいわせれば『もうちょっとあなた、実績を作ってからやったらどう?』みたいな。まだ(実働は)1年やそこらで、大した成績も上げてないのに」と苦笑交じりにコメント。
道具に八つ当たりできるような格の投手ではないと苦言を呈した。

 江本氏は続けて「悔しいのは分かる、たたきつけたいのも分かる」といら立ち自体には理解を示しつつも、「中野(拓夢)がエラーしたからああなったんですけど、中野も気分悪いじゃないですか」と指摘。3失点のきっかけとなるエラーを犯した中野も萎縮しかねない行動だと主張した。

 湯浅はこの後も8日・楽天戦で3失点、15日・オリックス戦で2失点と勝ち試合を壊す投球が続き、16日には二軍降格となっている。江本氏は「今落とされたでしょ?だからそういう小さなところからほころびがくる」と、3日の背信投球を引きずった結果ではと推測した。

 江本氏の発言を受け、ネット上には同調の声が上がったが、それ以上に「八つ当たりには実績不足って何を言ってるんだ」、「実績関係なく道具を粗末に扱うのはダメだろ」、「湯浅を無名投手扱いしてるのは舐め腐ってるだろ」、「去年湯浅はタイトル獲ってるんだが…データとか見てないのか?」といった批判が寄せられた。


 湯浅はプロ3年目を迎えた2021年にプロ初登板と実働期間はまだ長くなく、2021年は3登板にとどまった。だが翌2022年には59登板で最優秀中継ぎのタイトル(45ホールドポイント)を獲得。また、今季は開幕前に行われたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)にも出場し、3登板いずれも無失点で世界一に貢献している。それだけに湯浅に対し、大した実績がないと評した江本氏に不満を抱いたファンも多かったようだ。

 「少ない実働期間で爪痕を残している湯浅ですが、3日・ロッテ戦で帽子をたたきつけたり、15日・オリックス戦では勝ち越し弾被弾直後にマウンド上に片膝をついてうなだれたりと精神的には未熟な面も見受けられます。ただ、こうした振る舞いを人間味あふれた姿だと評価しているファンも一部おり、今回の江本氏の発言についても『結果残してどんどん感情を出してほしい』といった賛同の声も散見されます」(野球ライター)

 江本氏は現役時代(1971-1981)に「395登板・113勝126敗19セーブ・防御率3.52」といった通算成績を残している。
現時点の湯浅よりも実績は上だが、今回の発言は賛否を呼んでしまったようだ。

文 / 柴田雅人