DDTプロレスリング所属の女子レスラー・赤井沙希が、8月10日に引退メモリアル写真集『(タイトル未定)』(講談社)を発売する。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 赤井は、俳優の赤井英和を父に持ち、2013年にプロレス団体『DDTプロレスリング』からプロレスデビュー。
翌年には、女子プロレスラーとしては初となる東京スポーツ新聞社制定『プロレス大賞』新人賞を受賞した。以降は、174cmの長身&細身というスタイルを武器に活躍し、現在は坂口征夫、岡谷英樹とのプロレスユニット・Eruptionで活動中。

 5月24日には、「強く、気高く、美しく」をテーマに闘い、多くのプロレスファンを魅了し続けてきた赤井が、デビュー10周年という節目を機に現役引退を発表。11月12日に東京・両国国技館で行われる引退試合まで、華々しい引退ロードを控えている。

 今回、引退に際しメモリアル写真集の発売が決定。同作は、“ひとりの女性として、等身大の赤井沙希”がテーマ。
コスチューム姿での臨場感あふれる練習風景では、これまでの努力の裏側が垣間見られるシーンを収めたショットも。他にも、鍛え抜かれた圧巻の肉体美で、プールサイドでの水着姿や大胆にもランジェリーがはだけるベッドシーン、バスルームでは洗練された美しいボディを披露。リングでは見られない、“ありのまま”を凝縮した1冊に仕上がっている。

 発売に先駆け、先行カットが公開。女性ファンにも多く支持される赤井らしい、クール&ビューティーな表情を捉えたコスチューム姿をはじめ、スタイル映えるビキニショット、屋外で撮影した美脚に思わず見とれてしまうハンモックでの1枚が解禁された。

 8月18日には、書泉ブックタワー(秋葉原)にて発売記念イベントの開催が決定。
詳細は後日発表予定となっている。

赤井沙希メモリアル写真集『(タイトル未定)』
撮影:鈴木ゴータ
定価:3,500 円+税