有名シェフ・鳥羽周作氏とのW不倫を謝罪し、事務所から無期限謹慎処分を受けた女優の広末涼子だが、その〝流れ弾〟を食らうことになったのが、2014年2月に広末との不倫疑惑を報じられていた俳優の佐藤健だ。

 当時、双方の所属事務所は不倫を否定。
双方とも売れっ子を抱える事務所とあって、見事に〝火消し〟に成功していたが、22日発売の「週刊文春」(文芸春秋)がその舞台裏を暴露してしまった。

 同誌によると、佐藤との記事が「女性セブン」(小学館)で報じられると、広末の夫でキャンドルアーティストのキャンドル・ジュン氏、所属事務所フラームの井上義久社長、佐藤、佐藤の当時所属・アミューズ関係者の4者で秘かに話し合いが持たれ、佐藤はキャンドル氏に直接、広末との不倫を謝罪。キャンドル氏と佐藤が示談し、キャンドル氏側には示談金も支払われたというのだ。

 ​>>広末涼子の“元カレ”イケメン俳優、金銭トラブルで芸能界を引退?<<​​​

 「広末は文春の記者に直電して、事務所や夫に対する不満をぶちまけたが、おそらく佐藤と示談した際、事務所の社長も示談金の分け前をもらっていたと思われる。社長とは20年以上の付き合いだが、自身の不倫を棚に上げて、許せないことがどんどん頭に浮かんで来て、記者にぶちまけてしまったのでは」(芸能記者)

 これまで佐藤が女性関係の記事を報じられたのは、泥酔した元AKB48前田敦子を〝お姫さま抱っこ〟してタクシーに運んでいた様子、女優の森カンナ吉岡里帆との熱愛ぐらい。そのプライベートが気になる男だったが、佐藤の盟友のあの人にしっかり暴露されていたのだ。


 「自身を刑事告訴した芸能人らをインターネット上で脅したとして、証人威迫容疑で再逮捕されたガーシー容疑者です。ガーシー容疑者によると、佐藤は顔が売れているにもかかわらず平気で風俗を利用。自分だと特定されると『違う』とどこまでもトボけていたそうです。素人と遊んで暴露されるよりマシだと思ったのでは」(同)

 現在は独立して事務所が守ってくれないだけに、より遊び方には気を付けた方が良さそうだ。