兵庫県淡路市のコンビニエンスストアの女子トイレに、正当な理由なく立ち入ったとして、同市在住の49歳会社員の男が建造物侵入の疑いで逮捕された。

 警察によると、男は8日午後9時40分頃、淡路市中田のコンビニエンスストアに設置されていた女子トイレに、正当な理由なく侵入した疑いが持たれている。
このコンビニでは、2週間ほど前から男が女子トイレにたびたび侵入していたそうで、警察が警戒していた。そこへまんまと女子トイレに入る男が現れ、警察官が現行犯逮捕したのだ。

 警察の取り調べに対し男は容疑を認め、「汚物入れが見たかった」と話しているとのこと。女子トイレの汚物入れに興奮するとは、実に気持ちが悪く、変態的思考と言わざるを得ないだろう。また、男の行動を考えると余罪の可能性も高いと言えそうだ。

 ​>>29歳男、着ぐるみ着用女性に露出した下半身を触らせ逮捕「着ぐるみに性的な興奮」と話す<<​​​

 この事件に、ネット上では「とにかく気持ちが悪い。
こんな男がいることに驚く」「妻の汚物でも嫌なのに、わざわざ赤の他人が捨てた汚物がみたいだなんて。ちょっとあり得ない」「何が良いのかさっぱりわからない。強烈な匂いを放つものだし」「汚物狙いと言いながら、実は違うことを目的としていた可能性もある。きちんと調べてほしい」などの声が上がる。

 また、「横綱級の変態だと思う」「それを持ち帰ってどうするの?」「マニアックすぎて声も出ない」「この世のものとは思えないほど悪臭を放つ布切れを欲するなんて世も末」「LGBT理解増進法により女子トイレが激減すると言われている。このような事件は増えることは火を見るよりも明らか」などの意見も上がっていた。