モデルの古畑星夏が、23日発売の『ViVi』(講談社)表紙に登場する。

 >>全ての画像を見る<<

 2009年にファッション誌『nicola』(新潮社)の、専属モデルとしてデビューした古畑。
現在は、『ViVi』専属モデルを務めている。2012年には、ドラマ『パパドル』(TBS系)にて女優デビューを果たした。以降、『教場Ⅱ』(フジテレビ系)、連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK)などに出演。最近では、『闇金ウシジマくん外伝 闇金サイハラさん』(Netflix×MBS)、『僕らの食卓』(BS-TBS)に出演し注目を集めている。10月17日に、『ViVi』が手掛ける新グラビアマガジン『びびぐら』の発売が決定した。


 同号ではついに、古畑初となる『ViVi』単独表紙に抜擢。モデル歴が長く、デビュー時から一緒に成長した同世代の女性ファンが多い古畑。誰に対しても態度が変わらない人柄の良さと、めきめき可愛くなっていくストイックさに、同誌スタッフからの支持も得ているという。そんな古畑は「10月号の表紙も絶対素敵にしたい!」と、人気ブランド『Miu Miu(ミュウミュウ)』の衣装を着こなし、クールな表情を多数披露している。

 発売に先駆け、最後まで迷ったという表紙カットが公開。スタイルの良さが際立つ素肌感のあるへそチラ&視線が印象的なショットは、ファン必見の仕上がりとなっている。


 今回の撮影について古畑は「初の単独表紙だけど、緊張することもなく、いつものスタッフさんといつも通りの撮影でした。表紙に向けての身体作りは、びびぐらの撮影前にしていたことをそのまま延長。よもぎ蒸しにハマっているので、引き続き通ってデトックスして、整えました」と振り返った。また、「いま、自分の体のバランスやコンディションがとても良い状態だなって、自分自身で感じていて。そんな時に、びびぐらのお話をいただいたり、単独表紙を飾れたり。なんか最近、もってる気がするんですよね!」と前向きなコメントも寄せている。


 同号の特別版表紙は、「ViVi国宝級イケメンランキング」NOW部門で、2022年下半期・2023上半期で1位に輝き、見事殿堂入りを果たしたSnow Man目黒蓮が登場。“ありのままのめめ”と題した特集では、レザージャケットに身を包んだ目黒がバイクにまたがったり、もたれたり、と貴重なカットが満載となっている。