22日、実業家のひろゆきこと西村博之氏が自身の公式X(旧ツイッター)アカウントに投稿。旧統一教会に強烈な毒舌を放った。


 ひろゆき氏は、『共同通信』のWEBニュースを引用リポストする形で投稿。同記事は、北九州市議会が世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に関与しないと宣言した件で、教団が21日、決議は名誉毀損や宗教ヘイトに当たり違法だとして市に1100万円の損害賠償を求め福岡地裁に提訴した件を伝えている。

 >>ひろゆき、防衛費増額「おいらも反対派」米が“型遅れ兵器”押し付けと主張も「デマ」指摘集まる<<

 これにひろゆき氏は、「『やべー組織とは関わらない』と言われた時に、きちんと襟を正そうとするのではなく、訴えればなんとかなると考える頭の悪さが、統一教会らしいなぁ、、と。」と投稿。旧統一教会を“頭が悪い”とバッサリ切り捨てた。続けて、「日本社会の中で問題を起こさずに共存して行く姿勢が見えないんですよね。」と、根本的な姿勢を批判した。

 旧統一教会を巡っては、2022年7月に安倍晋三元総理を銃撃した山上徹也被告が、母親の献金などで旧統一教会を恨んだことが犯行につながったと供述。
高額献金や宗教2世問題、政治家との関係など、1年で様々な問題が明るみとなっている。

 ひろゆき氏の投稿を受けてSNSには「全然反省していない証拠」「ただの逆ギレですよね」「これは破滅への道でしょうね」「だからカルト扱いされちゃうんだと思う」など、同調の声が寄せられている。

記事内の引用について
ひろゆきの公式Xアカウントより
https://twitter.com/hirox246