札幌・ススキノで起きた首狩り事件。逮捕された田村瑠奈容疑者とその両親である修容疑者と浩子容疑者親子だが、仲間割れがはじまったようだ。


逮捕された両親の弁護人が「殺人や死体損壊について、両親は一切共謀していない」とコメントを出したのだ。

これがどういうことかというと、コメントを出したのが【両親の弁護人】であり、親子3人の弁護人ではないということだ。

この弁護人がいうには、マスコミに母親の浩子容疑者が「娘の【犯行】を止めたかったが、止められなかった」と報道されたが、そのような事実は一切なく、修氏と浩子氏は瑠奈氏が事件を起こすとは全く想像しておらず、一切共謀していないとのこと。

また両親の弁護人によると両親は「被害男性と遊びに行くと聞いていた」とのこと。

では父親の修容疑者は、犯行当日に一緒にナイフやノコギリを買いにいっているが、それについては「娘は趣味でナイフを集めていた。木やベニヤ板を切るのが好きで買い与えていた」と、犯行に使われるとは思ってもいなかったということを語っている。


事実、瑠奈容疑者の部屋や自宅からナイフなど刃物約20本が押収されているから、ナイフが趣味というのは本当なのだろう。

親子が逮捕された罪は『死体遺棄』『死体損壊』『死体領得(死体などを支配下に置くこと)』そして『殺人』だ。

もし両親が本当に「まったく娘が人を殺すとは思いもしなかった」のなら『殺人の共謀罪』はまぬがれる。共謀罪は殺人について主犯格並みに知っており、関与していたということだ。ところが「まったく知らなかった」となると、この共謀罪は成立しない。両親は共犯ではないということになる。


つまり両親が何を言いたいかというと「やったのは娘1人だけだ。我々は関係ないんだ」ということ。

これまで娘を溺愛していた両親は、ここに来て娘を見捨てたようだ。

もし瑠奈容疑者1人がこの猟奇犯罪を考え、被害者に後ろ手錠をし、自分は返り血を浴びないためにレインコートを着て浴室で襲い、首を切り落とし、証拠が一切残らないように血を洗い流し、証拠隠滅をしたとすれば、いわば完全犯罪を狙ったことになる。それだけ瑠奈容疑者の罪は重くなる。

さて、両親の弁護人に瑠奈容疑者が入っていないとすると、瑠奈容疑者は別の弁護人を立てているのだろう。
すると裁判で弁護人同士が対立をすることになる。

ただ両親が、この犯行についてまったく知らなかったというのは、いまのところ信じがたい。父親は被害者と面識があり、母親は被害者の生首と一カ月近く暮らしているのだ。

やがて起訴され裁判になるのだろうが、そのとき両親の弁護人は「共謀していない」と主張するだろう。瑠奈容疑者の弁護人は、それが事実でないとしたら、親子の罪の擦り付け合いという裁判になるかも知れない。

プロフィール

巨椋修(おぐらおさむ)
作家、漫画家。
22歳で漫画家デビュー、35歳で作家デビュー、42歳で映画監督。社会問題、歴史、宗教、政治、経済についての執筆が多い。
2004年、富山大学講師。 2008~2009年、JR東海新幹線女性運転士・車掌の護身術講師。陽明門護身拳法5段。