歌手の一青窈が21日、東京・代々木公園で「国際平和デー(通称ピースデー)」にちなんで開催された野外フェスティバル「ピースデー2023@代々木公園」(一般財団法人PEACE DAY主催)に出演した。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 一青は前日の20日、47歳の誕生日を迎えたことを報告。
「誕生日の次の日なんです。雨の降る中でも幸せです」と述べ、「NO WAR」とプリントされたジャケットをかざし、米同時多発テロ(2001年)に着想を得たという「ハナミズキ」「耳をすます」「もらい泣き」など5曲を披露した。

 「ハナミズキ」については「カラオケでたくさんの人に歌ってもらっていますが、この歌を歌わなくなったら世の中から戦争がなくなるのかなと思うくらい、どうしたらこの世から争いがなくなるのかなと思って、一生懸命考えた詞です」と紹介する。

 一青はまた、「とにかく自分のことももちろん大事だけど、誰かの幸せを願うということで、もうちょっと世界がやさしくなれるんじゃないかと思いました。あなたとあなたの好きな人が100年続きますように」と集まったファンに呼びかけていた。

(取材・文:名鹿祥史)