【週刊テレビ時評】NHK朝ドラ「花子とアン」での好演で再浮上の仲間由紀恵 主演ドラマ「SAKURA〜」で苦戦続く

【週刊テレビ時評】NHK朝ドラ「花子とアン」での好演で再浮上の仲間由紀恵 主演ドラマ「SAKURA〜」で苦戦続く

 NHK連続ドラマ小説「花子とアン」は、平均視聴率22.6%(数字は以下、すべて関東地区)をマークする大ヒット作となった。

 同ドラマで再浮上を果たしたのが、仲間由紀恵だ。珍しく脇役オファーを受けた仲間は、主人公の花子(吉高由里子)の“腹心の友”である蓮子役を熱演し、その演技力が改めて評価された。

 仲間といえば、「TRICK」シリーズ(テレビ朝日)、「ごくせん」シリーズ(日本テレビ)のヒットで、女優としてのランクアップに成功。

 ところが、ここ数年、主演した連ドラである「恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方」(TBS/12年1月期)、「ゴーストママ捜査線~僕とママの不思議な100日~」(日本テレビ/同年7月期)、「サキ」(フジテレビ/13年1月期)は、いずれも全話平均視聴率10%前後と低迷し、その人気にかげりが見えていた。

 しかし、「花子とアン」での再浮上で評価が高まり、今クールでは「サキ」以来、約1年半ぶりに「SAKURA~事件を聞く女」(TBS/月曜日午後8時~)で民放連ドラの主演を務めることになった。

 初回(10月20日)は9.9%でスタートした「SAKURA~」は、第2話(同27日)で10.0%と2ケタに乗せたものの、第3話(11月3日)で8.5%と降下。第4話(同10日)も8.4%と低調。

 そもそも、TBSの月曜午後8時のドラマ枠は数字を持っておらず、前クールの「ペテロの葬列」(小泉孝太郎主演)も平均視聴率7.6%で終わるなど、低視聴率が続いている。

 TBSとしては、そのジンクスを仲間に打ち破ってほしいとの期待が懸けているが、苦戦が続いている。この先、なんとか2ケタ台は獲りたいところだが、どうなることやら。

 「ドクターX~外科医・大門美知子~」(米倉涼子主演/テレビ朝日/木曜日午後9時~)第5話(同6日)は22.2%で、5週連続で大台を突破。

 綾瀬はるか主演の「きょうは会社休みます。」(日本テレビ/水曜日午後10時~)第4話(同5日)は17.3%で、右肩上がりの好調ぶりをキープ。

 丸山隆平主演の「地獄先生ぬ~べ~」(日本テレビ/土曜日午後9時~)第5話(同8日)は10.2%で、前週より0.3ポイントアップ。

 錦戸亮主演の「ごめんね青春!」(TBS/日曜日午後9時~)第5話(同9日)は7.4%で、前週より0.7ポイント上げたが、依然低調が続いている。

 フジ月9ドラマ「信長協奏曲」(小栗旬主演/月曜日午後9時~)第5話(同10日)は11.6%で、前週より3.0ポイントダウンして、過去最低。

 また、NHK大河ドラマ軍師官兵衛」(岡田准一主演/日曜日午後8時~)第45話(同9日)は16.8%で、前週より1.8ポイントアップした。
(坂本太郎)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 朝ドラ まんぷく
リアルライブの記事をもっと見る 2014年11月11日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「朝ドラ + まんぷく」のおすすめ記事

「朝ドラ + まんぷく」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「朝ドラ」のニュース

次に読みたい関連記事「朝ドラ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大河ドラマ」のニュース

次に読みたい関連記事「大河ドラマ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら