2015年度の注目のグラドルである松嶋えいみが、待望のファーストDVD『Heart mark』(イーネット・フロンティア)の発売を記念したイベントが、14日、都内で行われた。今作品は、昨年の10月にサイパンで撮影が行われた。

しかもデビュー作にも関わらず、大胆なシーンが多く見どころ満載の作品になっている。

 初めての撮影ということで戸惑いもあったそうだったが、意外にもリラックスして撮影に挑んだという。「セクシーなボンテージの衣装を着ているシーンがあるんですけど、このシーンが最初の撮影だったんですよ。撮影はすぐに始まって、心臓が飛び出そうなくらい緊張しましたけど、時間が進むにつれて、撮られていることが気持ち良くなって最後は楽しい気分になりました」と振り返った。

 気分良く撮影ができたということで、仕上がりにも満足しているようだ。そんな満足度の高いDVDの見どころを聞いてみると「私はお尻に自信があるので、それにちなんでタイトルは『Heart mark』にしたので、見どころはお尻ですね。
タンクトップを着ているシーンがあってここでキャッチボールをするんですけど、これもすごくお尻が目立っているので注目して欲しいです」と説明した。 

 その中でも一番のセクシーシーンを聞いてみると「スーツを脱いで下乳が出ている下着姿になるんですけど、この時ストッキングを脱いでいるシーンはかなりセクシーだと思いますよ」と話した。

 大胆なシーンが多いDVDだが、プライベートでも大胆な趣味を持っている。「趣味でサバイバルゲームをやっているんですけど、スリルがあって楽しいですね。兄がやっていたので便乗して始めましたんですよ。実は母もやっていて家族で楽しんでいます」と告白。


 最後に今後について聞いてみると「まだ活動を始めたばかりですが、1stDVDを出さしてもらって、これからもグラビアをずっとやっていきたいので、応援宜しくお願いします」とアピールした。