羽田新国際ターミナル開港で心配されるコト

 羽田空港の新国際ターミナルと新滑走路が21日オープンした。多くのショップがひしめく新ターミナルに多くの人が押し寄せたほか、4本になった滑走路がクロスする構造に飛行機撮影マニアも大喜びするなど人気は上々といったところだが、空港のオープンと共に思わぬ「オマケ」も予想されることがわかった。

 新国際ターミナルは24時間稼働で、今後増設される予定の深夜早朝便に備えて、シャワールームや24時間営業のコンビニなども出店している。また、空港屋上展望デッキに訪れたある撮影マニアは「滑走路が井桁状の4本になったので、面白い写真が完全運用されると撮れるにちがいない」と興奮を隠さない。飛行機写真マニアにとってもうれしい出来事のようだ。

 ただ、心配な点も存在する。今まで、成田空港の名物といわれる「成田離婚」が羽田でも頻発するのではないかというのだ。バブル全盛期に社会現象化した成田離婚。新婦が慣れない新婚旅行先でマゴマゴしてしまう新郎に愛想を尽かし、帰国したとたん別れを切り出してしまうという現象だが、羽田空港でもそんなシーンに遭遇する可能性ができてしまいそうなのだ。

 格安パックの登場で海外旅行自体が一般的になった今でも、海外で新婚気分が冷めてしまうケースは起こりうるだろう。また、発着料金が成田空港より高額なため、当面は羽田を使って出国するカップルの多くは「お金持ち」層が多くなる。バックパッカーみたいな旅行者に比べて、「羽田離婚」する確率も高くなりそうだ。

 また、環境省は26日、北海道稚内市で採取されたカモのフンから、強毒性の鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを明らかにしたが、新国際ターミナルの開港で、東京がこれらのウイルスの脅威にさらされるのではないかとの懸念もある。

 「昨年、新型の豚インフルエンザが流行した経緯がありましたが、成田空港の検閲で海外からのウイルス流入を防ぐことが出来なかった。でも、千葉県成田市で都内とは数十キロの距離があったので、都内でパンデミックを引き起こすことは水際で回避されたとも考えられます。でも、新国際ターミナルはそうはいかない」と話すのは某医療ジャーナリスト。新国際ターミナルの検疫体制はしっかりとしていると言われるが、ウイルスがひとたび流入すれば、都内に広がるのは早いかも知れない。

 海外から羽田に観光客が押し寄せてウハウハかと思ったら…いいことばかりとはいかないようだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

リアルライブの記事をもっと見る 2010年10月26日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「デパート」のニュース

次に読みたい関連記事「デパート」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「家電量販店」のニュース

次に読みたい関連記事「家電量販店」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スーパーマーケット」のニュース

次に読みたい関連記事「スーパーマーケット」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。