今話題の預言書「をのこ草子」! 徹底分析している資料が存在した?

今話題の預言書「をのこ草子」! 徹底分析している資料が存在した?
拡大する(全1枚)
 近年にわかに脚光を集めている予言に「をのこ草子」がある。

 成立は江戸時代の1730年頃と言われ(八代将軍吉宗の享保の改革の頃)、作者も正式な書物なども存在しないため、「幻の預言書」と言われてきた。

 かつてリアルライブでも取り上げているが、「をのこ草子」に書かれている内容は1730年頃から250年後、つまり現代の社会や世相を見事に言い当てていて興味深い。

 具体的に言えばロケットや飛行機、クローン技術などの科学技術を示唆する内容のほか、「をのこ草子」に書かれた一文「かくてい よいよ衰えぬるそのはてに、地水火風空の大いなる災い起こりて、世の人十が五まで亡び異国の軍さへ攻め来るべし。」この部分が、近年の震災や異常気象などに当てはまるということで注目を集めているのだ。

 「をのこ草子」について伝えている文献は少ないが、お台場の山口敏太郎の妖怪博物館では、この「をのこ草子」を現代に伝え、なおかつ予言内容について分析している貴重な文献の展示を開始している。

 その書物は、神道霊学の研究者にして「神道天行居」の開祖でもある友清 歓真(ともきよ よしさね、1888年10月9日 - 1952年2月15日)氏の著作「神道古義地之巻」(昭和11年発行)である。

 著者の友清氏は「をのこ草子」の原本を手に入れたのではなく、昭和5年当時にある人物より「をのこ草子」が書かれた雑誌の切り抜きを手に入れたことがきっかけだったという。「をのこ草子」はこのように江戸時代頃から折にふれて怪文書の一種として出回ることが多かったようだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク