滝口幸広 実母役の小川菜摘にしばかれないよう必死で稽古
拡大する(全1枚)

 「仮面ライダードライブ」や、昼ドラ「プラチナエイジ」に出演する俳優の滝口幸広が主演を務める舞台『滝口炎上』が東京・明治座で上演されるのを前に29日会見を行い共演の、大河内奈々子、山崎銀之丞、小川菜摘、村上ショージ山村紅葉大和田獏と共に出席。

 初日を迎え滝口は、「毎日楽しく、そして先輩方から教えて頂く事が多くて本当に勉強だらけの日々でした。稽古してきた事全てを本番に出して実母役の小川さんに裏でしばかれないように…」と話しかけ、話終わる前に小川が、「あの、一度もしばいてないですからね。本当にそういう事言うと記事になるんだから!」と笑わせていた。滝口は、報道陣に、「すみません、絶対記事にしないでください。僕は、しばかれてないです」と慌てて話していた。

 ショージは、「今日初日で、座長をはじめ全員に素晴らしい花が出ているのですが、私には1つも花が出てなくて、おかしいんです。マネージャーに探させたのですが、それだけが残念です」と自身にお祝いのお花が届いていない事を悔しがっていた。

 28日に亡くなった今井雅之の遺作になる映画「かぐらめ」に主演している大河内は、「若い頃から今井さんにお会いする事が多くてすごくエネルギーのある方だったので、亡くなられたと聞いても実感がわかなくて」と涙目になりながらコメントしていた。

 また、同じく28日に亡くなった、女性漫才コンビ「今いくよ・くるよ」の今いくよにショージは、「今日知ったんですよ。みんなに優しい方で僕も五月初めにお会いした時にお話したのですが、あの時もいろんな痛いところを隠しながら、漫才をされていて、芸人魂と人間のあらゆる情を持っている素敵な人でした。すごく寂しいです」と芸人仲間の死を偲んでいた。