SMAPの同期 中居と草なぎの思い出

SMAPの同期 中居と草なぎの思い出

 SMAPの中居正広と草なぎ剛が、ジャニーズ事務所に入所して来年で29年になる。中居のほうが、3か月先輩。当時は、互いに中学生。まだジャニーズJr.の研修生が多くはいなかったため、互いにその存在感を知っていた。

 特に、最年少だった草なぎは中居のことを、強烈に覚えている。レッスン仲間に初めて、炭酸飲料のリアルゴールドを買ってもらったからだ。

 この後、木村拓哉、稲垣吾郎、香取慎吾たちが入所してきた。草なぎにとっては、初めてできた後輩。そのなかにもうひとり「剛」がいたが、草なぎは依然として“ちっちゃいほうの剛”のまま。中居は事あるごとに、「チビ剛、バク転しろよ」と指示して、草なぎを従属させた。それは、さながらジャイアン。まだ小学生だった香取はその姿を見て、「こえ~」と震えあがった。

 ちなみに、“後輩の”木村、稲垣、香取は、中居と草なぎが光GENJIの2ndシングル『ガラスの10代』(87年発売)のダンスレッスンをしていたころ、オーディションに来たという。

 このころから、水面下で次期歌手デビューの候補に挙がっていた中居は、毎週土曜日、東京・後楽園でおこなわれていたローラースケート教室に通うことを義務づけられていた。ローラーゲームのスポーツ集団・東京ボンバーズの練習に、強制的に参加させられていたのだ。しかし、中学生といえば、まだ遊びたい盛り。2回だけ出席して、その後はサボった。その数か月後、真面目に通い続けていた佐藤アツヒロが、光GENJIに抜てきされた。同じ地元、同じ学校、1年違いという旧友のまさかのデビューに、中居の心中は複雑だった。

 来年が歌手デビュー25周年のSMAP。現在、メンバー全員の連絡先を知っているのは、草なぎだけ。中居は稲垣、木村の携帯番号を知らず、今年、香取の番号を知ったばかり。その香取と草なぎはプライベートで仲が良く、ラジオも20年続けているが、最近は、木村と稲垣も私生活で連絡を取りあっているという。

 気になるSMAP事情。次週も続けて、掘り下げていこう。

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「関ジャニ∞」のニュース

次に読みたい関連記事「関ジャニ∞」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジャニーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「ジャニーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「嵐」のニュース

次に読みたい関連記事「嵐」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年10月5日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。