出来レースか? 脇谷の巨人復帰!?で西武は大損へ

       

 FA権を行使した西武・脇谷亮太内野手(34)の古巣・巨人への復帰が濃厚となっている。

 11月11日、FA宣言選手のNPB公示を受け、巨人・堤辰佳GMは「内野のユーティリティープレーヤーは、ニーズにきちんとはまる」と発言し、脇谷の獲得に乗り出す意向を示した。近々にも交渉の場を持ち、入団が決まる可能性が高い。

 今季、脇谷は118試合に出場、打率.294、3本塁打、22打点で、キャリアハイの10年(巨人時代)に次ぐ好成績を収めた。内野なら、どこでも守れるユーティリティープレーヤーであり、しかも今季推定年俸は2400万円と格安。西武内での年俸ランクはCで、人的・金銭補償が不要とあって、内野が補強ポイントである球団にとっては、狙い目の選手。ところが、古巣以外に、どこも手を上げる様子がないため、すでに巨人復帰が確定的になっている。

 「早い話、脇谷の巨人復帰は既定路線。“出来レース”といわれています。他の球団としては、獲得に乗り出しても交渉するだけ、時間と労力のムダ。ですから、どこも手を出さないようです」(某スポーツ紙記者)

 13年オフ、巨人は西武からFA宣言した片岡治大内野手(32)を獲得した。その際に、人的補償で西武に移籍したのが脇谷だった。同年オフ、巨人は中日を自由契約になった井端弘和内野手(40)も獲得したため、余剰人員となった脇谷はプロテクトから外されていたのだ。

 ところが、2年経って、状況は変わった。その井端は今季限りで、現役を引退。三塁手の村田修一内野手(34)は極度の不振に陥り、来季どこまで復活できるか未知数。そのため、どのポジションもこなせる内野手が必要となった。そこで、白羽の矢が立ったのが、FAとなった脇谷だったというわけだ。

 「高橋由伸新監督が誕生していなければ、脇谷は巨人復帰を考えなかったかもしれません。脇谷は高橋新監督を兄貴分として慕い、尊敬しています。別のチームであるにもかかわらず、今年1月の自主トレは一緒にやったほど。脇谷が西武に移籍しても、2人のホットラインはつながっていたのです。すでに34歳の脇谷にとって、いつまで現役を続けられるか分かりません。高橋監督の契約は3年。引退しても、高橋政権下なら指導者として使ってもらえる可能性もあり、脇谷には、そういった計算もあるのでは?」(同)

 脇谷が巨人に戻ることになれば、大損するのは西武だ。FAは選手の権利とはいえ、スター選手である片岡を獲られた上、人的補償で獲得した脇谷までもっていかれるとなると、まさに踏んだり蹴ったりだ。

(落合一郎)

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年11月14日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。