2010年に突如ブレイク! アカシックリーダー・中津川昴氏独占ロング・インタビュー(2)

中津川…中津川昴氏
山口…オカルト作家・山口敏太郎氏
編集…リアルライブ編集部

【SFサークルで大活躍しすぎて、大学を留年!】

 編集 中学・高校くらいから将来何になりたいなと、そろそろ出てくる頃だと思いますが、その頃何になりたいと思っていましたか?

 中津川 中学で小説家になりたいって言ったんですよ。

 編集 どういう作家になりたいと思っていたのですか?

 中津川 純文学ですね。高校・大学の時は純文学ばっかり読んでましたね。途中からSF関係に移っていって、SFとかアニメとかのオタクの方に走り始めたんですけどね。中学卒業までは漫画はダメだって家で言われてたんです。だから一回も読んだことなくて。高校三年まで一度も読んだことがなかったんです。

 だけど卒業する最後の試験の1週間くらい前に、次男が『めぞん一刻』を全巻持ってきたんですよ。僕はそういうのに対して免疫持ってなかったために、1冊読み始めたら止まらなくなって。で、カルチャーショックを受けて、こんなものがあったんだって、ショックを受けて。その時の期末の試験を落としたんですよ。人生で初めての赤点が、漫画によって。で、当時の先生方全員びっくりして「お前どうした」って。

 なぜかというと僕は高校1年から3年まで通してずっとトップだったんです。教科一つ落としたんですけど、周りの先生がそれを信じないんですよ。トップの奴が、赤点で15点とか取るわけないじゃないですか? ありえないんですけど、一つだけ赤点を取ってしまったんです。通常なら僕は100点取るところなんですよ。それで、先生たちは熱出したのか、風邪ひいたのかって。先生は生徒の成績をいきなり落としたくないじゃないですか? まさか漫画でなんて言えませんよ。だから温情判決で単位だけはぎりぎりもらえました(笑)。僕当時、生徒会長もやってましたし、推薦でもう大学進学も決まってましたからね。

 当時『めぞん一刻』と、高校出る時に『ドラゴンボール』のアニメが始まって。で、大学になってその両方にギリギリと攻め込まれていって、ほんとはもっと勉強をしたはずだったのに(笑)。そうでない自分ができていったんです。

 編集 大学はどちらでしたっけ?

 中津川 新潟の長岡です。

 編集 大学のあった新潟は岩手と比べてどうでしたか?

 中津川 寒いですよ、豪雪地帯から豪雪地帯に行って、乾燥した雪から、重たい雪にか変わっただけでしたね。

 土地の広さは一緒なんですけど、浜までバイクで40分くらいで行けたので、海の近くに行って遊んでましたね。

 あとはサークルの部員たちと色んな所に行きましたね。それでSF研究会というのに入ってたんですが、その部員たちを全員集めて、ミステリーツアーをやってたんです。車借りてきて、全員で運転して、キャンプ道具とか、いろんな取材道具とかかき集めて、歴史的に危険な場所に行こうと。殺人現場だとか自殺の家だとか、古墳とか、キリストの墓とか、あとは恐山とか、行ってみようと。そこで最もやっちゃいけない事をやってみようと、そういう事をいっぱいやったんですよ。

 編集 何か祟りはありましたか?

 中津川 ありましたね。恐山に行って、積んである石を友達が足で崩した。風車が回っているのに崩してしまったという。その友達は帰ってきて、車の前輪が運転中にとれて(笑)。こけましたね。

 そういう感じでミステリーツアーを年に1〜2回やって、怖い所のすぐ近くでキャンプをして、みんなで食事作ったりとか、テントの中で朝までアニソンカラオケとか当時やってたんですよ。で、僕は僕で学生課に行って、当時VHSのビデオカメラを借りてきて、それで全編を映してたんですよ。それで、撮影とかもやってたし、ツアー自体もやってたし、幽霊とかUFOとか超常現象見たさに全員で15〜6人で行きました。あとは、結構怖かったのは、あさま山荘(笑)。あさま山荘の山を登って、その山荘の近くで泊まったんですよ。流石にキャンプは怖かったですね。

 編集 ですよね。あさま山荘っていうと、山の中で粛清された隊員とか。そのイメージですよね?

 中津川 いっぱい「いる」んですよ。その辺に。で、UFO探知機と幽霊探知機、両方持って行って、スイッチを入れると…

 編集 UFO探知機というのがあるのですね? 自作ですか?

 中津川 自作ですよ。そういう電気回路を。僕、電気回路の工作も上手かったので。

 編集 なるほど。そんな風に、SFとかキャンプ三昧で過ごされたわけですね。

 中津川 ええ、そうです。ただアニメとか映画の撮影とかもやっていたし、脚本書いてみんなと色々やったりとか。当時まだ8mmフィルムというのがあったんで、フィルムで撮って繋ぎ合わせて、SFXみたいな事をやってみたりとか。あとはVHSのビデオテープが当時主流だったので、それを使って色んな事をやっていました。

 編集 なるほど、映像の方に行くのですね。

 中津川 で、色んな切り貼りをやって1本作って、仲間内でそういうのを見てガハハと。あとは、当時僕がやっていた新潟SFコンベンションというのがありまして。

 編集 あ、もうイベントとかやっていたのですね。

 中津川 やっていました。大学の1年からもうやってたので。ディレクションとか、そういう細かい作業から全部自分一人でやるわけですよ。

 編集 もう今の中津川さんの素材が出来上がって…?

 中津川 そうそう。だから大学時代が物凄く密度が高かったです。留年するくらいやってたので。そっちの方が楽しくなってしまって。

 SFコンベンションでは、作家を沢山集めるんですよ。作家を集めて、サイン会や講演会をやらせたりとか。あとは作家の周りでファンが出来るので、ファンを集めて、イベント沢山やるんですよ。当時から既にコンベンションスタイルの中には、単に公益化するだけではつまらなくなるので、講演以外の、ファンが楽しめる部屋をホテルの中にいっぱい設けるために、ホテル丸々借り切っちゃうんですよ。

 編集 凄い!

 中津川 その各部屋でファンのイベントをやっちゃうので、その中の一環で、自主制作映画上映会みたいなのもあったんですよ。まだそんなにビデオが発展してなくて、まだまだ8mmを出せる、とか、VHSを流せる程度の物しかなかったので。大学3年くらいで部長になって、それからもう、自分のやりたい企画をバンバンやりまくりましたね。

 中津川 それと当時、フジテレビの長岡支局でバイトしていたんですよ。その時にNSTっていう局で、そこでお天気予報を打つ仕事をずーっとやってたんです。

 それで、大学では留年を2回してるんですよ。遊びすぎて単位落として。その後就職活動を始めたんですけど、工業系の大学の人たちって殆ど活動しないんですよ。就職活動の時、先輩が研究室を紹介してくれるので、その人に乗っかっちゃうと、要は数珠繋ぎでその会社に入れちゃうんですよ。あとは推薦っていう枠が沢山あったので、学校の先生が推してくれるんですよ。プッシュしてくれる。それ以外に行こうとすると、凄い怒られたんですよ。僕は教授の声が掛かった所に行きたくないから、自分で探してきた所に入りました。

(つづく)

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る 2010年11月26日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。