何で2回目だけ? 尾花監督が突然のトライアウト視察

 11月24日、2度目の12球団合同トライアウトが行われた(福岡ヤフードーム)。1回目のトライアウトでは33人の選手が受験したが、この日は17人まで激減した。もっとも、前横浜・野口寿浩捕手が「(2回目のトライアウトまでに)オファーがなかったら、きっぱり諦める!」と言ったように、2度目のトライアウトで他球団の目にとまるケースは極めて少ない。2回目で受験者が減るのも決して珍しいことではないのだが、会場には尾花雄・横浜監督(53)の姿も見られた。

 受験選手の多い1回目は観戦していなかっただけに、会場には「ナゼ?」の声も飛び交っていた。
 「尾花監督はホークスの投手コーチとして名を馳せた人ですし、今、横浜球団がぐらついていますからね…。王(貞治)会長に今後のことでいろいろ相談したかったのでは」(メディア関係者)
 尾花監督はトライアウト視察の目的を質問されたが、「(監督が直接視察することは)珍しいことでも何でもない」と返しただけ。繰り返しになるが、受験者の多い1回目を見送って、2回目だけを視察するのは得策ではない。球団職員が同監督の脇を固めていたため、それ以上の質問は遮られてしまったが、この不可解なトライアウト視察と前後して、横浜は補強を巡る『迷走』も露呈させている。

 去る11月22日、楽天新監督の星野仙一氏(63)が大阪のラジオ番組で松井稼頭央内野手(35=前ロッキーズ3A)の獲得を表明した。その際、「巨人、横浜、オリックスとのせめぎ合い」とも語っていたが、横浜の加地隆雄・球団社長はこれを完全否定。しかし、米特派員、米メディアは「横浜もカズオを調査していた」と言い切る。この“食い違い”について、球界関係者がこう言う。
 「社長の知らないところで動いていたのではないだろうか。本当に知らないとしたら、それはそれで問題だろうけど…」
 同社長は09年11月のドラフト会議直前、地元・横浜高校の雄、筒香嘉智内野手(19)を「欲しい!」と公言し、横浜のスカウティング戦略を一変させている。その是非はともかく、『鶴の一声』で1位指名選手を変更させたということは、それなりの影響力を持った球団社長だと思われてきたが、「知らないところで松井稼獲得を動いていた」説が本当なら、横浜フロントは「ゴタゴタ続き」と言わざるを得ない。
 「横浜は森本(稀哲=29)のFA獲得を目指しています。加地社長は森本に気を遣って、カズオの件は知らないと言ったのかな? でも、星野監督の発言をマスコミから聞かされたとき、物凄い怒りようでした」(取材陣の1人)

 一般論として、球団売却の話が報じられる場合、「あとはオーナー会議での承認を待つだけ」といったふうに、最終段階のツメに入っている。従って、今回の横浜は異例中の異例であり、「買い手の付かない」とのレッテルも貼られた球団を再建するのは並大抵ではないだろう。
 「横浜の補強はかなり遅れています。他球団も(経営再建に)協力するつもりはあるものの、横浜とのトレードを避けているような節も見受けられます。村田修一、ベテランの金城龍彦は残留しましたが、内川聖一の移籍は確実で、チームの精神的支柱だった佐伯貴弘が解雇され、すぐに中日に拾われた一件も、横浜ナインに暗い影を落としています」(前出・同)
 尾花監督も球団売却騒動の際、買収側が“解雇リスト”に挙げられた1人。そのため、積極的に来季のチーム編成に携われなかったせいもあるだろうが、2回目のトライアウト会場で自軍職員とナイショ話をする姿は、痛々しくも見えた。内川喪失に備え、ソフトバンクの王会長に「人的補償を求める旨」をいち早く伝えているため、福岡入りしたのかもしれない…。

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る 2010年11月27日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。