愛知県尾張地方の伝説「泥江懸神社の宵鳴き鶏」

愛知県尾張地方の伝説「泥江懸神社の宵鳴き鶏」

 昔、近藤作衛門という者が広江八幡宮(愛知県名古屋市中区錦・現在の泥江懸神社)の近くに、妻のちゑと暮らしていた。結婚してから7年も経つが子宝に恵まれず、二人は鶏を飼っていた。元気な鶏で、朝早くけたたましい声で時を告げていた。

 天保6(1835)年7月、迷い猫が作衛門の庭に入り込んだ。ちゑによく懐くので、猫を飼うことにした。その日から鶏は朝鳴かなくなってしまった。そのかわり、毎日決まって酉の刻になると、けたたましく鳴くようになった。「宵鳴き鶏なんかいらぬ」と、腹を立てた作衛門は鶏を菰に包んで、江川に捨てた。

 その頃、小川伝蔵が江川で網漁をしている時に菰の包を拾った。包を開けると鶏が入っていたので、家で飼うことにした。その夜、伝蔵の夢の中に鶏が現れた。「今日は助けていただき有難うございました。私は近藤家で飼われていた鶏です。最近、飼われた猫が主人の命を狙っており、それを知らせようと宵鳴きしましたが、逆に疎まれ捨てられました。貴方様から伝て下さい」と告げた。

 伝蔵はそのまま夢のことを作衛門に告げた。それから作衛門は注意深く猫を観察した。猫は作衛門の膝の上を狂ったようにじゃれると、藪の中に入っていく。同じようなことを何度も繰り返すのだ。作衛門はちゑに藪の様子を探らせた。藪の中には雨水が溜まった中に食い裂かれた毒の袋が入っていた。毒水を作衛門に振り掛けていたのだ。作衛門はその場で猫を切り捨てた。

 その後、主人の危機を救った鶏は八幡宮で大切に飼われることになり、多くの人々から敬われたという。

(写真:「泥江懸神社」愛知県名古屋市中区錦)

(「三州の河の住人」皆月 斜 山口敏太郎事務所)

参照 山口敏太郎公式ブログ「妖怪王」
http://blog.goo.ne.jp/youkaiou

あわせて読みたい

気になるキーワード

リアルライブの記事をもっと見る 2010年11月29日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「結婚」のニュース

次に読みたい関連記事「結婚」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「離婚」のニュース

次に読みたい関連記事「離婚」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「不倫」のニュース

次に読みたい関連記事「不倫」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら