伝説のカルトアニメ『チャージマン研!』の大逆襲

 『チャージマン研!』は1970年代にTBS系にて月曜日から金曜日にかけて毎日17時30〜40分の10分の放送枠で全65話が放送された。1話完結形式で制作されたアニメーション作品である。(※放映年度は1973年説と1974年説がある)

 放映から長らく、再放送等の日の目を見ることはなかったが、2000年代になってから、ニコニコ動画等において、明らかに手抜きとしか言いようがない作画や、奇抜すぎるストーリー展開、キャラクター描写等々が逆に話題となり、一躍カルト的な人気を誇るようになっていった。今日においても尚、様々なMAD映像が制作され、続々と“かわいそうなお友達”こと「チャーケニスト」が増殖中である。

 そして遂には、この狂気のムーブメントがついに本家まで動かしてしまい、なんと2010年になって突如『チャージマン研!』オフィシャルウェブサイトが設立!

 「約40年ぶりのホームページ」のキャッチフレーズが出迎えるトップページ。約40年ぶりって言ったって、40年前にホームページはおろかインターネットは未だ無いぞ…? ここら辺から既に、チャー研クオリティと言うべきなのか、狙っているのか…。

 『チャージマン研!』が、作品本来の意図と全く見当違いな方向で人気を博しているのは、本家HP側もご存じの様で、登場人物一覧の画像は殆どがMAD映像等でも大人気の珍シーンからの抜粋。

 そして更には、『チャー研』オフィシャルHPの開設にとどまらず、なんと10月27日にはサウンドトラックCD vol.1が発売!
 テーマ曲や挿入歌、BGMなどのオリジナル曲のリマスター“風”音源に加えて、男気(女もいるけど)ある東京や千葉のアーティストが『チャージマン研!』をカバー&トリビュートした楽曲を7曲収録。また『チャージマン研!』アニメ制作に関わったナックスタッフのインタビューや貴重な資料などを収録したブックレットを同梱。(公式HPより)
 トリビュート楽曲には大槻ケンヂや掟ポルシェといった豪華アーティストが参加。もはや何を目指しているのか解らない快進撃が開始された。
 グッズ展開はサントラ&ソングCDに留まらず、Tシャツ、ストラップ、ヘルメットが展開。今後もクッションやキーボードカバー等が発売される予定だ。

 まさか『チャージマン研!』グッズがここまでの展開を見せると想像だにしなかったのは、実際に本作を製作したスタッフの皆さんに他ならないであろう。世の中、何がブームになるか解らないものである。

●『チャージマン研!』オフィシャルHP
http://cha-ken.com/

(小野寺浩 山口敏太郎事務所)

【参照】山口敏太郎公式ブログ「妖怪王」
http://blog.goo.ne.jp/youkaiou

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る 2010年11月29日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら