三船美佳 高橋ジョージと離婚成立「嬉しい結果」
拡大する(全1枚)

 歌手の高橋ジョージとの離婚が正式に成立したタレントの三船美佳が31日、テレビ朝日で離婚報告会見を行った。

 1998年、三船は16歳の時に40歳の高橋ジョージと結婚。2004年には長女が誕生。夫婦揃ってテレビやイベントに出演することも多く、芸能界きっての仲の良い夫婦として知られていた。しかし、2013年末から別居していたことが発覚。昨年1月には三船が離婚成立や長女の親権を求めて提訴。離婚訴訟にまで発展し裁判が行われていたが、三船が離婚訴訟を取り下げたことから高橋が協議離婚に同意。29日、正式に離婚することが成立した。

 まずは、「この度、高橋ジョージさんとの離婚が成立しましたことを応援してくださいました皆様、感謝の想いと共にご迷惑をおかけしてしまった共演者の方、関係者の方々にお詫びの言葉もお伝えしたくて今日この場を設けさせていただきました」と挨拶し、一礼した。

 「今回の離婚成立があまりにも急展開だったので、正直私自身も驚いております」と現在の気持ちを明かし、「嬉しい結果となったので、私としては安堵の想いであります」と本音を語った。

 三船には11歳になる長女がいるが、その長女からは「本当におめでとう。よかったね」と喜びの言葉をかけられたという。「本当に母親として申し訳ないなと…。でも、良かったという気持ちとともに、娘のためにも身が引き締まる想い」と胸の内を明かした。

 三船の父親といえば、名俳優の三船敏郎。1997年に他界してしまったが、三船氏の誕生日は4月1日。「うちの父の誕生日。その父に良い報告、プレゼント贈れるかなって」と嬉しそうだった。