伊集院光 「笑点」回答者後任を断固拒否「絶対に嫌です」

伊集院光 「笑点」回答者後任を断固拒否「絶対に嫌です」

 お笑いタレント伊集院光が、日本テレビ笑点」の回答者後任を断固拒否した。2日、ラジオ番組「深夜の馬鹿力」で理由なども含めて語った。

 4月30日、落語家桂歌丸師匠が東京・後楽園ホールで行われた「笑点」の50周年記念スペシャルの公開収録に出演し、同番組の司会から降板することを発表した。「体力の限界」と理由を明かし、5月22日の生放送が最後の出演となる。歌丸師匠の司会降板は残念な知らせとなったが、早くも話題となっているのが司会の後任。現在、6代目三遊亭円楽師匠が有力視されているが、もし、円楽師匠が司会に就任した場合、今まで回答者だった円楽師匠の席が1つ空くことになる。司会もさることながら、回答者の後任も気になるところだろう。

 伊集院は「あそこはみんな入りたいだろうね」と語り出し、「落語家としてはすげースターダムの所に行くから、あそこの跡目争いは相当面白いだろうね」と大興奮。

 そして、「落語のこともわかっていて、ある程度落語界のお笑いの人ってことで、俺を起用してみるっていうのはどうかっていう提案なんですけど…」と自身に問いかけた後、「絶対に嫌ですね」と断固として拒否。

 伊集院といえば、かつて円楽一門に入門し、楽太郎(6代目円楽)へ弟子入り。三遊亭楽大を名乗り、落語家の活動をスタートした。その後、伊集院は落語家として籍を離れたが、その後も6代目円楽師匠とはテレビやラジオで共演し、良好な師弟関係を保っている。

 改めて「今の朝の枠だって相当プレッシャーがかかっているにもかかわらず、あそこに行ったら…、3問あるお題の1問目の段階で胃からビュービュー血が出ると思いますから、それはないと思いますね」と断言した。

 伊集院は30年間放送された「大沢悠里のゆうゆうワイド」(平日午前の帯ワイド番組)の後を継ぎ、2016年4月11日から「伊集院光とらじおと」のパーソナリティを務めている。現在、朝のラジオ、深夜のラジオ、他にもテレビの仕事など多忙を極めている伊集院なだけに、さらに「笑点」の回答者となると、肉体的にも精神的にも大変な負担がかかるのだろう。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 伊集院光 Instagram
  2. 伊集院光 twitter
  3. 伊集院光 神田松之丞
伊集院光のプロフィールを見る
リアルライブの記事をもっと見る 2016年5月3日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「伊集院光 + Instagram」のおすすめ記事

「伊集院光 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「伊集院光 + twitter」のおすすめ記事

「伊集院光 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「小島よしお」のニュース

次に読みたい関連記事「小島よしお」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら