全日本フィギュア優勝・安藤美姫は、リンクの内外も絶好調!?

       

 来年3月に東京で開催される世界選手権の選考会を兼ねた「全日本フィギュアスケート選手権」(長野・ビッグハット)が12月26日に終了、女子の部は安藤美姫が女王・浅田真央を逆転し、6年ぶりの優勝を果たすハッピーエンドとなった。
 大会の注目は、バンクーバー五輪終了後不振が続く浅田に集中していたが、今大会で浅田は、25日のショートプログラム(SP)で今季初のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決め、首位。翌26日のフリー演技もソツなく決め、女王復活を印象づけたが、ここ最近フリー演技が好調の安藤(SP2位)が、今季最高の演技を見せ、観客の大喝采を浴びる。結局安藤は137.58点の高得点を挙げ、みごと女王・浅田を逆転。劇的な優勝を達成した。

 完璧なスケーティングに成功し逆転勝利を確信したか、演技終了の瞬間から満面の笑みを浮かべたミキティ。スランプのまま迎え15位と惨敗した06年のトリノ五輪以来、泣き顔と苦悶顔ばかりが印象的だった彼女だが、苦難を乗り越えた笑顔は、晴れ晴れしく爽やかで、観る者たちの心を大いに打った。
 しかし最高の笑顔を見せたあとのミキティの姿に、「おいおい」と思った男性ファンは多かったのではなかろうか。スケーティング後、専属コーチのニコライ・モロゾフ氏と抱擁を交わした安藤。その刹那モロゾフ氏が思わせぶりな動きを見せたせいで、「モロゾフがミキティの胸を触ろうとしていた」「モロゾフが熱いキッスを交わそうとにじり寄ったが、安藤が恥ずかしがって避けた」などなどと、ネット上が騒然となったのだ。

 安藤の専属コーチに就任以来、両者の目標は、ズバリ4年後のソチ五輪金メダルに他ならないが、今季の安藤は、得意のジャンプに磨きをかけ絶好調が続いている。この好調も、今年3月より、モロゾフ氏との専属契約の続行が決まったことによるモチベーションアップが大きそうだ。やはり、愛の力は強いと言うべきか。

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「フィギュアスケート」に関する記事

「フィギュアスケート」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年12月27日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。