【帰ってきたアイドル親衛隊】「いつも頑張っているね」と私の一発芸に対して声を掛けてくれた25年以上前の榊原郁恵の思い出
拡大する(全1枚)

 1976年に『第1回ホリプロタレントスカウトキャラバン』がスタートした。当時はアイドルのコンテストといえば『スター誕生』(日本テレビ系)が主流で、ひとつの事務所が開催することが珍しく、大きな注目を浴びた。その1回目のグランプリに選ばれたのが榊原郁恵である。

 元気で健康的な榊原は、これまでホリプロにいなかったようなタイプであり、デビュー前から注目されるようになった。1977年1月に『わたしの先生』でデビュー。同期には高田みづえ大場久美子、香坂みゆき、清水由貴子、狩人、太川陽介清水健太郎などがいる。この年の音楽祭では、新人賞を総ナメにして、当時の最高峰とも言われていた『日本レコード大賞』でも新人賞を獲得。一気に知名度もアップして人気者の仲間入りをしたのだが、榊原には大きな武器があった。豊満な胸の持ち主で、当時のアイドル雑誌でビキニ姿を披露したところ、予想外の反響があり「ボイン」という武器で一気にスターダムに駆け上がった。当時は「巨乳」という言葉も無かったので「ボイン」とか「デカパイ」なんて表現されていた。

 名実ともにトップアイドルとなった榊原は、78年にアイドルの登竜門とも言われているドラマに主演することになった。そのドラマは『ナッキーはつむじ風』(TBS系)。同ドラマは1年半も放送され、当時のアイドルドラマでは長寿と言われるほどの長さだった。

 すでに人気者になった榊原だが、この時点で私はまだ生で観たことが無かった。ようやく生で観ることができたのは、榊原が初主演した新宿コマ劇場で開催されたミュージカル『ピーターパン』である。中学1年の夏休みに友人に誘われて行ったのだが、ミュージカルにあまり興味の無かった私は、鑑賞に乗り気ではなかった。しかし宙吊りになった榊原を見た瞬間に、私に驚きと感動を与えてくれた。

 この『ピーターパン』を観たことがキッカケで、榊原を生で観たい願望がより強くなっていた。早急に観れる場所として『ザ・トップテン』(日本テレビ系)があった。同番組の司会をやっていたことで、毎週出演している強みがあるので、かなりの頻度で榊原を生で観ることができた。しかし観れる頻度は増えたのだが、歌っている姿を観ることができないもどかしさもあった。86年にアイドルとしての最後のシングル『もうひとりの女友達代表』が発売されたところで、人前で歌うことが無くなってしまった。残念な気持ちを抱いていたが、この年の5月に私がホリプロで芸人として活動することになり、まさかの榊原と同じ事務所になった。しかし一緒に仕事をする機会も無く会うことは無かった。

 87年10月に、かねて交際していた渡辺徹と結婚することになったのだが、この時に私は偶然にもふたりが結婚式を挙げる結婚式場でアルバイトをしていた。披露宴を生で観れるチャンスが訪れたのだが、大きな披露宴だったこともあり、若いアルバイトはシフトに入る隙が無かった。ん~残念。

 残念な気持ちでイッパイだったが、ようやく榊原と会えるチャンスがやってきた。榊原がレギュラー出演する『やる気マンマン日曜日』(TBS系)という公開番組に、私も出演できることになったのだ。といっても一発芸を数秒やるだけの出演という形の準レギュラーみたいな感じだったので、番組中には会話すらすることがほとんど無かった。ある時に鹿児島の市民会館で収録が行われた時に、泊まりの仕事だったこともあり、打ち上げがてら食事に行くことになった。その時に、ようやく榊原とまともな会話をすることになった。会いたいと思ってから10年近い月日が経っていた。自分から色々と話すことはできなかったが、榊原が「いつも頑張っているね」と自分の一発芸に対して声を掛けてくれた。まさか私の芸についてコメントを頂けるなんて思ってもいなかった。

 その後の私というとホリプロを一身上の都合により辞めてしまい、榊原とはそれ以来会っていない。もう25年以上も前になってしまった。今ではテレビで見るだけになってしまったが、いつか会いたいという気持ちもある。できることならアイドル歌手としてコンサートをやってくれると嬉しいのだが。今こそ『夏のお嬢さん』を生で聞いてみたい。果たしてそんな日は来るのだろうか?

(ブレーメン大島=毎週土曜日に掲載)

【ブレーメン大島】小学生の頃からアイドル現場に通い、高校時代は『夕やけニャンニャン』に素人ながらレギュラーで出演。同番組の「夕ニャン大相撲」では元レスリング部のテクニックを駆使して、暴れまわった。高校卒業後は芸人、プロレスのリングアナウンサー、放送作家として活動。現在は「プロのアイドルヲタク」としてアイドルをメインに取材するほか、かつて広島カープの応援団にも所属していたほどの熱狂的ファンとしての顔や、自称日本で唯一の盆踊りヲタとしての顔を持つことから、全国を飛び回る生活を送っている。最近、気になるアイドルはNMB48三田麻央