ぱるる、卒業公演終え感慨「AKB48で人生が変わりました。本当によかった」

ぱるる、卒業公演終え感慨「AKB48で人生が変わりました。本当によかった」
拡大する(全1枚)

 AKB48島崎遥香が26日、東京・秋葉原のAKB48劇場で卒業公演を行った。公演後に囲み取材に応じた島崎は、「デビュー当時のファンの方が何人か来ているのがちらちら見えて、『ダメだ』ってうるっとなりました。ステージでは泣かなかったけど、最後のお見送りの時に、そのファンの姿が見えた時には泣いてしまいました。ファンの方には本当に感謝しかないです」と感慨深げな表情で語った。

 公演後に笑顔で報道陣の前に姿を現した島崎。「本番はばっちりでした。十代の頃、あそこ(劇場)からすべてが始まって、そこから一人ずつファンの方が増えていって…。今日初めてのお披露目公演に来てくれた方が久しぶりに来てくれているのを見た時にすごく泣きそうになりました。もうあそこに立てなくなると思うととても不思議な感じです」としみじみ。

 AKB48の活動では自身のデビュー公演が強く記憶に残っているといい、「今まで普通の学生だった自分がステージに立って人前で何かをするという…。当時は頭が真っ白になりました。踊りも苦手だったし、ステージの上ではいつも棒立ち。それを振り返るとすごく懐かしい」とにっこり。

 「アイドルにならなかった自分を想像したら、本当にフリーターだったんじゃないかって。それくらい何の取り柄もなかったんです。AKB48で人生が変わりました。本当によかった」と述べると、残された後輩たちへも「わたしが成長したようにみんなも劇場で成長してくれたら嬉しい」とエールを送った。

 卒業後の活動については「こういうことをしたいと言ってそれができるお仕事ではないので、誘ってもらった仕事に対して事務所の人と相談しながら前向きに取り組んでいきたい」と発言。卒業後は恋愛解禁となるが、「(そう言われて)卒業を実感できました。ありがとうございます」とニヤニヤ。「でもクリスマスも過ぎてしまったし、かっこいい人がまわりにいないんです。わたし、かっこいい人がいいので」と本音もちらり。「面食いなんですか?」と問われると「そうなんです」と話して会場をわかせていた。

(取材・文:名鹿祥史)

編集部おすすめ

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「AKB48」に関する記事

「AKB48」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「AKB48」の記事

次に読みたい「AKB48」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク