身長168cmの長身ながらFカップの迫力ボディが魅力の松嶋えいみが、9枚目となるDVD『テレパシー』(竹書房)の発売を記念したイベントが、4日に都内で行われた。

 昨年9月にタイ・プーケットで撮影された今作は、松嶋がキャビンアテンダントに扮して、飛行機に搭乗したお客さんとイイ関係になってしまうストーリーになっている。

「今回のDVDでは、これまで私がやりたいと思ったことをやらしてもらっているんですよ。浴衣を着たりとか制服を着たりしました。私ってこれまで妹役とかをやることが無かったんですけど、遂に妹という設定も入れてもらいました」と喜んだ。

 その中でもオススメのシーンは「彼の部屋に私が訪ねて行くドキドキ感がたまりませんね。そこで気が付いたらキャビンアテンダントの制服を脱いで白いランジェリー姿になっちゃうんですよ」と話した。

 大胆なシーンが連発の今作だが、セクシー過ぎたことをやりすぎてちょっとしたハプニングも発生したという。
「お尻の割れ目が透けている下着を着たんですよ。キレイな光の中で撮ってもらったので、いい感じでキレイに撮れていて、カワイイ下着ですごい気に入っているシーンなんですけど、これが過激すぎと判断されてしまってアダルトの扱いになっちゃったんですよ」と明かした。

 過激路線を突っ走っているように思えてしまうが、こういうシーンでしっかり松嶋の魅力が十分に発揮されていることは間違い無いので、これからもアダルト指定されない程度に頑張ってもらいたい。

 そんな松嶋は現在はグラドルのみならず、2017年度・第3期K-1ガールズとしても活動中であり、K-1の試合にラウンドガールとしても登場している。すでに格闘技ファンからも注目を浴びてきているので、2017年は大きな飛躍をすることは間違い無さそうだ。