舛添要一氏「空白の一年」を語る!

舛添要一氏「空白の一年」を語る!
拡大する(全1枚)

 前東京都知事の舛添要一氏が、8月17日放送の「有吉ジャポン」(TBS系列)に出演。表舞台から消えた知事辞任から現在までの「空白の一年」を語った。

 自宅で取材に応じた舛添氏は、都知事辞職後の1年について、マスコミの目から逃れるため、自宅の地下室で引きこもっていたと告白。さらに現在再就職先が見つからない状態で、月収は11万円程度であることを明かし、カップラーメンを啜る様子が放送される。

 また、これまで沈黙を守りながら突如有吉ジャポンに出演した理由については、「子供が未成年で、きちんと学校に行ってもらいたい。生活の糧が必要」と話し、これをきっかけにテレビに復帰していきたい意向を示した。

 舛添氏はさらに「有吉ジャポン」のスタジオにも登場。一連の公費流用問題について、西川史子杉村太蔵から厳しい声を受ける。

 これらの指摘について舛添氏は「皆さんにご迷惑をおかけした」と陳謝したものの、「あまりに合理的で論理的すぎた」「すいませんといえば済む話だけど、間違ってないと思っていることは謝れない」と開き直りとも思える発言。一連の公費私的流用疑惑について、「間違ったこと」と思っていないようだ。

 「番組ではカップラーメンを啜り、現在の月収が11万円などと貧乏をアピールしていましたが、彼は都知事辞職時に2200万円の退職金を手にしています。議員時代・都知事時代の報酬を合わせれば資産は数十億でしょう。そんな人間が貧乏や不幸せをアピールしたところで、仕事欲しさにノコノコ出てきたとしか思えず、誰も同情しません。」(芸能ライター)

 「スタジオで出演者陣に不祥事をつっこまれ、人に頭を下げられず、他者を下に見るような態度で、あくまでも対処が悪かったと繰り返し、反省していないことを露呈してしまった。まるで自分が被害者と言わんばかりの内容に、怒りを通り越して呆れる人が続出しています。テレビに出るなら『しくじり先生』くらいしかないでしょう。もう、終わってしまいますが」(同)

 舛添氏の「しくじり」は、まだ続いているようだ。

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年8月21日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。