横綱・白鵬6連覇の裏に大関陣の低迷あり!

横綱・白鵬6連覇の裏に大関陣の低迷あり!
       

 大相撲1月場所(初場所)は横綱白鵬(宮城野)が14勝1敗で、千秋楽を待たずに優勝。元横綱・大鵬に並ぶ史上2位タイの6連覇を達成し、来場所は朝青龍のもつ7連覇記録に挑む。

 もはや敵なし。準優勝の関脇・琴奨菊(佐渡ヶ嶽)、前頭5枚目・豪栄道(境川)、前頭13枚目・隠岐の海(八角)の11勝4敗に、3勝差をつけての独走だった。この場合、準優勝との表現は適切ではないだろう。

 白鵬のライバルになるべき大関陣は琴欧洲(佐渡ヶ嶽)の10勝5敗が最高で、他の3大関は魁皇(友綱)、把瑠都(尾上)が9勝6敗、日馬富士(伊勢ヶ浜)が8勝7敗と2ケタすら勝てないていたらくだった。14日目まで優勝争いに残っていたのは、平幕の隠岐の海だけ。これでは、終盤の取組も白鵬の一番しか盛り上がらない。大関絡みの相撲は全くかやの外だ。

 昨年11月の先場所は14勝1敗で、白鵬と豊ノ島(時津風)の優勝決定戦に持ち込まれた。だが、豊ノ島は前頭9枚目で本割で白鵬と当たることはなかった。平幕力士の躍進に一役買ったのは、くしくも大関陣。前頭9枚目で大関と当たるのは異例だが、12日目に把瑠都、14日目に魁皇が豊ノ島に敗れた。この場所、魁皇は12勝を挙げ面目は保ったが、この黒星で優勝争いから脱落。大関としての役目を果たせなかった。

 大関陣の不振は今に始まったわけではなく、昨年1月場所後に朝青龍が引退し、白鵬が1人横綱となってから、ずっと続いている状況。

 白鵬の6連覇は立派な業績。その間の星取は88勝2敗という驚異的なものなのだから、文句の付けようがない。しかし、その一方で、ふがいない大関陣が白鵬の独走を許し、優勝争いへの興味を奪っているのだから問題だ。その白鵬の2つの黒星も、いずれも稀勢の里(鳴戸=1月場所は関脇)が付けたもので、大関陣はこの1年間(6場所)、誰も白鵬に勝てていない。

 はからずも、1月場所3日目には国技館が両国に移って以降のチケット売れ残りワースト記録をマークした。大関陣が奮起しなければ、相撲人気の回復もないだろう。
(ジャーナリスト/落合一郎)

白鵬のプロフィールを見る
リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「白鵬」に関する記事

「白鵬」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「白鵬」の記事

次に読みたい「白鵬」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年1月24日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 白鵬 twitter
  2. 白鵬 モンゴル
  3. 白鵬 女子

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。