【ドラマの見どころ!】田村正和がブランデーのような名演技。でも、解説がしつこい法廷ドラマ。『告発〜国選弁護人』

       

 今日の【ドラマの見どころ!】は田村正和主演『告発〜国選弁護人』(テレビ朝日系)。67歳になってしまった! 永遠のイケメン俳優・田村正和が大滝秀治ばりの枯れた名演技を見せるこのドラマ。法廷モノとして飽きさせないために、人気俳優のアノ人が逐一声で事件の経過を解説中。美男を捨てた田村さんは弱者の為に法廷で戦う国選弁護人を熱演するも、書類を見る時さっと老眼鏡をかけたり、紙飛行機を投げて空に微笑んだり、いちいちカッコいいんですけど…。

(第3話ストーリー)
 報酬を顧みず、国選弁護人を引き受ける弁護士・佐原卓吉(田村正和)は、感情を表には出さないが、正義感の強い熱血漢。かつて依頼人に妻を殺された過去をもつ。ある日マンションの一室が爆発し、単身赴任中のサラリーマン古川達郎(林泰文)の遺体が発見される。被告人として若い男・岡本泰之(和田正人D-BOYS最年長)が逮捕され、佐原が弁護を担当する事になるが、事件の時刻に岡本に会ったと証言する女・吉崎文香(原沙知絵)が現れ…。

 結局は2重3重にかばい合って、犯人は○○でした。というようなよくある法廷ドラマ。田村さんだけに米ドラマ「ザ・プラクティス」みたいなスゴイのを期待しちゃったけど、火曜サスペンスと大して変わらないつくりでがっかりしたわ。それにしてもナレーションの 遠藤憲一が何から何まで説明してくれて分かりやすかったけど、「渡る世間」じゃないんだから、自分で推理する暇が無かったわ。チャッピー、エンケンの声聞くとNHK朝ドラ「てっぱん」とか、「医龍」の銀髪医師とか、湯けむりスナイパーとかいろいろ思い出しちゃうのよね。

 たとえ被告が罪を認めても真実でなければ絶対に許さない佐原弁護士。感情は抑え気味だけど、正義に対して熱い思いを秘めている、こんな立派な弁護士さん、どこかにきっといるんでしょう。かつてのイケメンぶりを封印して、年月を経たブランデーのように枯れた演技が光る田村サマ。最近の出演作ってドラマ『そうか、もう君はいないのか』とか、『忠臣蔵』とか暗いのばっかり。明るいのは仲間さんとやってる「麦とホップ」のCMぐらい? もうニューヨークで恋したり、いきなり押しかけてきた3人娘の父親になったり、鼻に手を当ててコミカルに推理する刑事とかやってくれないのかしら。ファンとしては、とってもさみしいわ。(チャッピー)

当時の記事を読む

田村正和のプロフィールを見る
リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「田村正和」に関する記事

「田村正和」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「田村正和」の記事

次に読みたい「田村正和」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年2月2日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 田村正和 ものまね
  2. 田村正和 ドラマ
  3. 田村正和 引退

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。