これは便利!コンビニの商品をネット注文、自宅で受取 人手は大丈夫?

 セブンイレブン・ジャパンは5月10日、店舗で販売する商品をスマートフォンで注文し、自宅で受け取ることができる「ネットコンビニ」サービスの実施を発表。このニュースを受け、10日放送の『ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京系)では、ネットコンビニを特集した。

 商品の注文を受けた利用者の自宅に一番近い店舗が商品をピックアップし、配送業者が届ける。そうすることで、短い時間での配達が可能なのだという。

 ただ、セブンイレブンでは、弁当や食材などを届けるサービス「セブンミール」を展開しており、グループ内で業務が重複しそうだ。その点に関して、セブンイレブン・ジャパンの古屋一樹社長は「それは今、われわれも考えている。基本的には並列しながら、やることは全部グループで共有していますから、シナジー効果は上げていきたい」と各サービスをひとまず共存させる考えを示した。

 さらに、古屋社長は「いいサービスでしたら、そんなにシステムの弊害はない。来年度中にでも、全国展開は視野に入れてスタートしたい」と抱負を口にした。

 ただ、ネット上では「コンビニ業界は人手不足なんじゃ」「またスタッフを酷使するのか」「コンビニにバイトする人が減りそう」などとコンビニスタッフに同情し、またコンビニ業界の人手不足を懸念する声が多く寄せられている。

 セブン&アイHDの井阪隆一社長は先月、「働き手が少なくなっているが、コンビニのキッチンに自動食洗機を導入するなどして生産性を上げていきたい」と可能なところから機械化を進め、人手不足をケアしていくと話していた。

 だが、商品のピックアップを機械化することは簡単ではない。新たなサービスを展開することは大切だが、人手不足の現状を打開していかないと、サービスが行き届かなくなるだろう。

あわせて読みたい

気になるキーワード

リアルライブの記事をもっと見る 2018年5月11日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スーパーマーケット」のニュース

次に読みたい関連記事「スーパーマーケット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「家電量販店」のニュース

次に読みたい関連記事「家電量販店」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「デパート」のニュース

次に読みたい関連記事「デパート」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。