ストーリーが読めた?『正義のセ』、視聴率微増も視聴者からは不満続出

ストーリーが読めた?『正義のセ』、視聴率微増も視聴者からは不満続出
 水曜ドラマ『正義のセ』(日本テレビ系)の第8話が30日に放送され、平均視聴率が9.4%(ビデオリサーチ調べ/関東地区/以下同)だったことが分かった。先週(第7話)の9.0%に比べると0.4ポイント微増という結果になった。

 新米検事・竹村凜々子(吉高由里子)が、毎回人間模様が複雑に絡み合った事件をひも解いていく本作。第8話はひき逃げ事件がテーマだった。被疑者の芸能事務所社長・斎藤茂典(正名僕蔵)が人をひいたことを認識した上で逃げたのか、本人の供述通り気が付かなかったのかが、起訴する上での争点だった。凜々子は検事事務官・相原勉(安田顕)とともに調査を進める。

 毎回、ささいな部分に引っ掛かりを覚え、詳しく調査していく凜々子だが、今回も事件当時に同乗していたという俳優・光岡駿太(桐山漣)まで調査が及ぶことに。調べを進めていくうち、斎藤が事件発生時に別の場所で目撃されたことが判明した。被害者をひいた後に一瞬車が停止したことも分かり、事件発生直前に現場付近で逃走車両を運転する光岡を目撃した人もいた。結局、車に乗っていたのは光岡一人だったことが明らかになった。斎藤は売り出し中の光岡を守るために、斎藤が自ら身代わりになったのだった。

 第8話はイケメン俳優の桐山漣がゲスト出演し、女性から歓喜の声が上がった。さらに光岡を目撃したというキーパーソンを、吉高の親友であるハリセンボン近藤春菜が演じたことで話題を呼び、視聴率のアップにつながった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 視聴率 いだてん
  2. 視聴率 ドラマ
リアルライブの記事をもっと見る 2018年6月3日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「視聴率 + ドラマ」のおすすめ記事

「視聴率 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「視聴率 + いだてん」のおすすめ記事

「視聴率 + いだてん」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュース

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。