蓮舫行政刷新相のタレント時代を振り返る

蓮舫行政刷新相のタレント時代を振り返る

 「必殺仕分け人」として民主党の顔となり、菅新内閣の“目玉人事”として初入閣した蓮舫行政刷新相はどんなタレントだったのだろうか?

 青山学院大時代の88年に当時芸能界デビューへの登竜門と言われた「クラリオンガール」に選ばれ、健康的な水着姿を披露。同年、おそらく最初で最後の写真集「Ren ho」を発売。今でいう“手ブラ”やビキニ型に泡まみれになる悩殺ショットを公開したのだが…。
 「美貌は際だっていたが、当時は歴代のクラリオンガールと比べると人気はなかった方で、あのまま消えていてもおかしくなかった」(ベテラン芸能記者)
 ちなみに、写真集は1580円(税込み)で現在は絶版となっているが、“仕分け効果”かネットオークションでは2倍以上の値段で取引されている。

 同年、TBS系「セーラー服通り」、フジテレビ系「君の瞳をタイホする!」という話題のドラマに立て続けに出演したが、いずれも端役だった。
 転機となったのは89年10月、ビートたけしが司会をつとめていた日本テレビ系「スーパージョッキー」のアシスタント司会への抜擢だった。
 「初回からたけしに『邪魔しないでください』とダメ出し。そのキツイ性格が逆にたけしに気に入られてようで、その後は『ナマイキ蓮舫です』と開き直っていた。ここで“仕切り”を学び、以後はバラエティーやワイドショーの司会をメインにこなしていった」(同)
 93年4月からはテレビ朝日系「ステーションEYE」のメインキャスターをつとめ、阪神淡路大震災の現地リポートなど体当たりで取材をこなしたが95年10月の降板。
 以後、あまり表舞台には登場しなくなり、93年に結婚したフリーライターとの間に、97年双子を出産。
 04年の参院選で初当選を果たし、1期目にして今や民主党の顔に。夏の参院選に東京選挙区から出馬するが、今振り返ってみると、「スーパージョッキー」に出演していなければ今の活躍はなかったかも知れない。
 「いわば、たけしは“恩人”なのに、好き勝手なことを言われるのを警戒して共演はNG。一度、『映画監督の北野武氏との対談はどうか』とオファーしたが、それもNGだった」(テレビ朝日関係者)
 実績だけをみると、タレントとしては一流とは言えないが、徹底的に“仕切り”を身につけたことが事業仕分けでのドSっぽい仕切りっぷりに大いに役立っていることは間違いない。

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る 2010年6月12日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。