文科系忍者記者ドラゴンの道 「テキーラ飲んで萌えた森メンズ! KORPIKLAANI(コルピクラーニ)が新作をリリース」

文科系忍者記者ドラゴンの道 「テキーラ飲んで萌えた森メンズ! KORPIKLAANI(コルピクラーニ)が新作をリリース」

 フォークメタルを奏でるフィンランドのリアルな森メンズ、KORPIKLAANI(コルピクラーニ)が新作、『コルピの神様』を2011年3月23日にリリースする。熱狂的なファンの間では早くもアルバム収録曲『Tequila』のPVが話題になり、洗練されたパフォーマンスの評価が高い。

 今回、リリースされる新作では、コルピクラーニのファンにお馴染みとなった「シュールな邦題」も健在である。

 代表的なタイトルをいくつか上げると、『テキーラ飲んで萌え!(原題、Tequila)』、『酔いどれ頭(原題、Paat Pois Tai Hirteen)』、『野生肉のドン(原題、Korvesta Liha)』、『樽麦(原題、Tuoppi Oltta)』などがある。

 以前、リリースしたアルバムの中でお酒を冠したタイトルの曲、『ウォッカ』を発表しているが、新作では『樽麦』と『テキーラ』を取り上げている。フィンランドのバンドが『テキーラ』とタイトルをつけたのは南米のファンに捧げているとのことだ。

 どこか懐かしい民謡のメロディとメタル音楽を組み合わせたフォークメタルは世界のトップクラスであり、新作『コルピの神様』でも高いクオリティの楽曲が揃っている。

 アルバムの最後を飾るボーナストラックには、レミー・キルミスターが率いるモーター・ヘッドの永遠の名曲、『Iron Fist(アイアンフィスト)』を森のカラーに染め上げ、コルピクラーニらしいカバーに仕上がっている。

 個性的で荒々しいボーカルを響かせるフロントマン、ヨンネによると「フィンランド語のアルバムタイトル『Ukon Wacka』は古代、神々へ生贄を捧げるための宴会を表した言葉で、この宴会では特別なビールが用意され飲まれたと伝えられている。タイトルからも古代の雰囲気や民族音楽のフィーリングが伝わるし、歌詞も全てフィンランド語だ」と語っている。

KORPIKLAANI
「コルピの神様」(原題、UKON WACKA)
2011年3月23日リリース

※Photo by HARRI HINKKA

※発売元:キングレコード
http://www.kingrecords.co.jp/

※取材協力:ぶどう 忍

※記事:文科系忍者記者ドラゴン・ジョー(山口敏太郎事務所)

参照 山口敏太郎公式ブログ「妖怪王」
http://blog.goo.ne.jp/youkaiou

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る 2011年2月24日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら