松本、極楽・加藤、ジュニア、日本ボクシング連盟騒動についてそれぞれ異なる見解

松本、極楽・加藤、ジュニア、日本ボクシング連盟騒動についてそれぞれ異なる見解
 5日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、助成金流用や不正判定疑惑などで、ジム会長や選手らから告発されている日本ボクシング連盟の騒動について取り上げた。

 山根明会長の独裁国家だったということから、「何が怖かったのか?」とゲストらが疑問視する中、“ボクシング好き”としても知られるコメンテーターのダウンタウン松本人志は「ワイドショーの悪いところが出ている」と一言。会長が地方に宿泊する際には、豪華な果物や飲み物などが用意されていることについて、「会長ともなると水やフルーツくらいはありますよ」と語った。

 続けて、自身の境遇とも照らし合わせ、「俺らだって楽屋にお菓子くらいあるもんね」とコメント。ゲストのヒロミが「ダウンタウンの楽屋も(山根会長の宿泊先と)同じようなもの」と揶揄すると、松本は慌てて否定していた。松本はもちろん会長が一番の悪としながらも、「下の人たちも悪い」と言い、「ショッカーの首領の下で忖度する地獄大使や死神博士も悪いねん」と例えていた。

 このコメントとは違った見解を示したのが、同じく“ボクシング好き芸人”の千原兄弟千原ジュニア。7月31日放送の『ビビット』(TBS系)で、今回の騒動に驚きはなかったと言い、「いつかはこうなるだろう」と予想していたとのこと。かねてから山根会長に気に入られるかどうかで、選手の勝敗が左右されるはあったことを明かした。

 また、試合会場で偶然山根会長が隣に座っていたことがあったそうで、「アマチュアの選手が列をなして挨拶に来ていた」「(噂のことを)知っていたから、ちょっと異様な感じがした」と振り返っていた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

リアルライブの記事をもっと見る 2018年8月6日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ダウンタウンなう」のニュース

次に読みたい関連記事「ダウンタウンなう」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「世界の果てまでイッテQ!」のニュース

次に読みたい関連記事「世界の果てまでイッテQ!」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スマスマ」のニュース

次に読みたい関連記事「スマスマ」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。