亀田大毅の元ライバルが市議選に出馬!

 亀田大毅のライバルでもあったプロボクシング元WBA世界フライ級王者の坂田健史氏(31=元協栄)が、2月27日、統一地方選挙(4月17日告知、24日投開票)において、東京都稲城市議選に立候補することを表明した。

 坂田氏は4度目の世界挑戦となった07年3月19日、ロレンソ・パーラを破り、WBA世界フライ級王座を奪取。その後、4度の防衛に成功した。

 世界返り咲きを懸け、昨年9月25日には、元同門の大毅の持つ同王座に挑むも、0-3の判定で敗れた。敗戦後、進退を保留していたが、さる1月13日に引退を発表した。4月からは専修大学商学部マーケティング学科(2部)に通学する予定であることを明かしていた。

 05年から稲城市に住んでいる坂田氏は、「12年間、ボクシングの現役を続けている間に、稲城市の後援会や市民の方々から応援していただいた。これから先、自分が何か恩返しができないかと考え、皆さんの声を市政に反映することだと決意した」とコメント。

 当選すれば、日本国内では異例の元ボクサー議員の誕生となる。
(ジャーナリスト/落合一郎)

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年2月28日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。