有吉、後輩に「割り勘にしてくれ」と頼んだ過去を告白 どん底時代でも人望が厚かったワケ

有吉、後輩に「割り勘にしてくれ」と頼んだ過去を告白 どん底時代でも人望が厚かったワケ
 26日に放送された『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で“先輩と後輩の立場が逆転する”ことに有吉弘行が言及。ネットで話題となっている。

 この日、番組に寄せられた相談メールの投稿は、「いつもおごってくれていた師匠が急におごってくれなくなった」というもの。これに有吉は、「事情があるんでしょ」と師匠側を擁護したうえで、「(自分なら)家に持って帰って自分の胸に収めちゃうけどね」と自身の考えを口にした。その後、有吉自身が仕事のなかった“どん底時代”を振り返り、事務所の後輩であるお笑いトリオインスタントジョンソンスギ。を飲みに連れて行った際、「本当にもうお金ないから、今日から割り勘にしてくれって飲んだ」と過去のエピソードを告白。その際、後輩のスギ。が「それでも行きましょう」と言ってくれたと有吉は嬉しそうに語った。

 このエピソードにネットでは、「よく毒舌言ってるけど、有吉って実は人情深そう」「有吉って昔は尖ってたイメージだけど、もともとけっこう柔軟に対応するタイプだったんだ」と、有吉の人柄に興味を示す声が寄せられた。現在では、テレビで見ない日はないほどのタレント・有吉だが、どのようにして仕事のない不遇の時期から復活を果たしたのだろうか。

 有吉は1994年4月、幼なじみの森脇和成と組んだお笑いコンビ、猿岩石で『進め!電波少年』(日本テレビ系)に出演しブレイク。コントや漫才ではなく、海外を旅する過酷なヒッチハイク企画で脚光を浴びた。帰国後も秋元康プロデュース、藤井フミヤ・藤井尚之提供の「白い雲のように」でミリオンセラーを記録するほどの人気者に。しかし、その後は低迷期を迎え、広島のローカル番組など細々とタレント活動をすることになった。後輩スギ。とのエピソードはこの頃の話だと思われる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

有吉弘行のプロフィールを見る
リアルライブの記事をもっと見る 2018年9月27日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「カンニング竹山」のニュース

次に読みたい関連記事「カンニング竹山」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中居正広」のニュース

次に読みたい関連記事「中居正広」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「千原ジュニア」のニュース

次に読みたい関連記事「千原ジュニア」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。