【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】前代未聞の球界スキャンダル!巨人・原監督の泡となった『1億円騒動』とは

【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】前代未聞の球界スキャンダル!巨人・原監督の泡となった『1億円騒動』とは
拡大する(全1枚)
 プロ野球・読売巨人軍は23日、今季限りで監督辞任を表明していた高橋由伸氏の後任として、原辰徳氏が来季より監督に就任。2015年以来、監督として3度目の指揮を執る。

 原監督は、2002~03年、06~15年の計12年間にわたって巨人軍を率い、7度のリーグ優勝、3度の日本一を達成する快挙を成し遂げた“名監督”である。その“名監督”に信じがたいスキャンダルが報じられたのは2012年6月のこと。

 週刊文春(文藝春秋)の報道によると、1988年当時、原監督がまだ巨人軍の現役選手だった頃に遡る。原監督は、1986年に大学時代から交際していた一般人と結婚していた。その上で、巨人が甲子園で試合を行う際、常宿にしていたホテルでアルバイトをしていた20代の女性と不倫関係に。その後、女性は妊娠し、堕胎した経緯を日記に記していたという。しかし、95年の阪神大震災前後に女性は失踪。そして、元同僚を通じて女性の当時の心情が綴られた日記が暴力団関係者に渡ってしまったとされた。

 2006年8月、原監督に元暴力団員と指摘される男性2名から「(スキャンダルを)表に出さないように解決するから」と脅迫され、1億円を電話で要求してきたのだ。原監督は日記と引き換えに即座に要求に応じた。そして、問題の日記は処分し、原監督の独断で解決に至った。

 しかし2009年、今度は別の男性から「日記を返せ」と原監督の自宅や球団事務所への嫌がらせが始まったという。これをきっかけに、球団や家族は過去の恐喝事件を把握、男は威力業務妨害で逮捕された。こうして、原監督が支払った1億円は泡となり、一大スキャンダルとして世に知れ渡ってしまった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「不倫」に関する記事

「不倫」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「不倫」の記事

次に読みたい「不倫」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク