日テレにとって今年は“厄年”? 山口騒動を発端に災難続き

日テレにとって今年は“厄年”? 山口騒動を発端に災難続き
 日本テレビ系人気番組「謎とき冒険バラエティー 世界の果てまでイッテQ!」に“やらせ疑惑”が浮上していることが、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)で報じられている。

 同誌によると、やらせが疑われているのは、人気企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」の海外ロケ。お笑いタレント・宮川大輔が世界のマニアックな祭りを体験する企画で、その5月20日放送分だという。

 同局広報部は8日に、同局としての見解や事実関係を発表するというが、かなりシビアな局面を迎えてしまったという。
「同番組は毎回平均視聴率が20%前後(ビデオリサー調べ、関東地区)を記録し、今やすっかり同局の看板番組。事実関係の前に、CMスポンサーへの事情説明などを早急に行わなければならず、それが終わってから局側の見解を発表するという流れ。とはいえ、報道が原因で番組がどうこうということはなさそうだ」(テレビ局関係者)

 昨年まで4年連続で年間視聴率3冠王を獲得して来た日テレ。3冠とは、全日(午前6時~午前0時)、プライム(午後7~11時)、ゴールデン(午後7~10時)の全てで視聴率トップを獲得することだが、先月、全日のトップをテレ朝に奪われてしまったのだ。

 テレ朝の勢いからして、年間3冠の座も明け渡すことになりそうだが、それどころか、今年は日テレにとっての“厄年”になりそうだというのだ。

 「4月には朝の情報番組『ZIP!』のメインパーソナリティーを務め、高視聴率番組『ザ!鉄腕!DASH!!』のレギュラーだったTOKIOの元メンバー山口達也さんが、女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検されグループを脱退し、出演番組に多大なる影響が。10月から有働由美子アナウンサーをメインキャスターに据えた『news zero』はリニューアルに失敗。10月期のドラマはまったく振るわず、揚げ句『イッテQ』のやらせ疑惑が浮上した」(芸能記者)

 来年に向けて入念に“厄払い”を済ませた方が良さそうだ。

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る
「日テレにとって今年は“厄年”? 山口騒動を発端に災難続き」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    虎視眈々と狙っていた、テレ朝の存在も、無視できないな。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。