紅白出場歌手発表、“波乱”も“目玉”もない? 注目の韓流アイドル勢は…

紅白出場歌手発表、“波乱”も“目玉”もない? 注目の韓流アイドル勢は…
 おおみそかに放送される「第69回NHK紅白歌合戦」に出場する紅白21組ずつ計42組のアーティストと、企画コーナーに出演する2組のアーティストが14日、東京・渋谷の同局で発表され、同番組の公式サイトに掲載された。

 初出場となるのは、あいみょん、DAOKO、King & Prince、純烈、YOSHIKI feat.HYDE、Suchmosの計6組。今年、「新語・流行語大賞」にノミネートされた「U.S.A.」が大ヒットしたDA PUMPは16年ぶりに返り咲きを果たし、メンバーが着用していた“原爆Tシャツ”の騒動で渦中のBTS(防弾少年団)は落選した。

 紅組ではユーミンこと松任谷由実が7年ぶり、デビュー20周年のaikoが5年ぶり、そして、今月3日から1年10か月ぶりに活動再開したいきものがかりは2年ぶりの出場となった。BTSと同様に韓流グループとして一部の注目を集めていたTWICEは、2年連続の出場となった。

 特別企画として椎名林檎と宮本浩次が出演。昨年エレファントカシマシとして初出場したボーカルの宮本は、バンド、ソロでの2年連続出場。企画コーナーで人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の声優ユニット・Aqours(アクア)、話題の2・5次元ミュージカルから刀剣男士たちが出演する。

 「初出場、返り咲き、企画までほとんど各スポーツ紙で報じられた歌手だらけ。昔は情報が漏れた場合、その歌手を差し替えるなど、NHKは情報管理を徹底していたが今やダダ漏れ。現時点では“目玉”も“波乱”もなかった」(芸能記者)

 しかし、この出場歌手のラインナップから、ただ1つの“サプライズ”が期待できそうだというのだ。

 「DAOKOは今年、特にヒット曲がなかったにもかかわらずの選出。そこで期待されるのが、昨年リリースした米津玄師とのコラボ曲『打上花火』の披露。米津は東京五輪に向けてNHKからの仕事のオファーを受けており出場が期待されていたが、白組では断ったが、DAOKOとのコラボは快諾した可能性がありそうだ」(レコード会社関係者)
 現時点だと、本番が盛り上がるかどうかは“米津頼み”しか考えられなさそうだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

リアルライブの記事をもっと見る 2018年11月14日の芸能総合記事
「紅白出場歌手発表、“波乱”も“目玉”もない? 注目の韓流アイドル勢は…」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    韓流が目玉?はぁ?会場に紛れ込んだ虫でしょ。

    2
  • 匿名さん 通報

    フジテレビ・とくダネでは、松任谷由実を目玉と表現していた。残念で、しょぼい目玉!

    1
  • 匿名さん 通報

    チョン人、お前らが世界で嫌われていることを自覚せんと。。キャーキャー騒いでいるのは、在日や脳たりんのバカばかり。せっせと金をみついでいるが、チョンシャツの奴らはヘドはいてるよ。気づけよ、ばか女。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。